おじゃまします! バス会社潜入レポート 奈良交通編【その4】


 奈良県内全域と京都府の一部に路線を展開する「奈良交通」の特徴や保有するバスについてお伝えしているバス潜入レポート、奈良交通編はいよいよ今回で最終回。

 ここ数年は長距離用や貸切用では、豪華仕様の車両を擁するのがトレンドとなっている。奈良交通でもその例に漏れず、ゆったり仕様車をラインナップ。一方では大量の旅客輸送用に60名定員もあるなど、総合事業者としてぬかりのない布陣だ。

 なおここでは連接車など、各用途における代表的な車両も写真で紹介する。

構成・執筆・写真/加藤佳一(B.J.エディターズ)
写真協力/(K)柏田芳敬、(H)編集部、(N)奈良交通株式会社
※2019年7月発売「バスマガジンVol.96」より

【画像ギャラリー】奈良交通が所有するバスをイッキ見! バス会社潜入レポート 奈良交通【高速車・貸切車】


■高速・貸切車はセレガとガーラ
パウダールームつきが近年人気

 奈良県内と首都圏を結ぶ夜行高速車は、中央トイレつき3列シートの日野セレガハイデッカー。名古屋線・空港連絡路線では、後部トイレまたはパウダールームつき4列シートの日野セレガ・いすゞガーラハイデッカーが活躍する。

 貸切車にもセレガ・ガーラを採用。90年代まではスーパーハイデッカー、00年からはハイデッカーが中心となっている。学生団体が多く60人乗りの比率が高いが、近年はパウダールームつき48人乗りを増備。募集型企画旅行「ビューティフルツアー」などに使用されている。

 19年には上級ツアー専用車として、34人乗りのセレガスーパーハイデッカーが採用された。なお、数台ではあるが9m尺のセレガ・ガーラも在籍している。

■連節バス

●スカニア 連節バス ■奈良230あ1001/平城営業所/一般路線

左側カラーリング 2017年3月、JR祝園(ほうその)駅・近鉄新祝園駅とけいはんな学研都市精華町・西木津地区を結ぶ路線にデビューした連節バス(N)
右側カラーリング スカニア+ボルグレンの2台が、平日の朝夕を中心に活躍している(N)
車内 イエローにブラックとシルバーのアクセントを配し、奈良交通のシンボルの鹿をあしらったデザイン(N)
車内 担当の平城営業所には3柱リフトを装備する整備工場が新設されている(N)

次ページは : ■一般路線バス

最新号

ベストカー最新号

大阪府と京都府を中心に運行する京阪バスを特集!! バスマガジン107号

 バスマガジン Vol.107は5月31日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材で読者を魅了してやまないバス好きのためのバス総合情報誌だ!  おじゃまします!バス会社潜入レポートでは、京阪バスを特集。さらにヒュンダイユニ…