【特集・バスのちょこっとヒストリア】 横浜市営バス 市電から市バスへの転換期を探る 


 バス事業者は実はかなり長い歴史を持つ企業が多い。文明開花の明治期から大正、昭和、平成、そして令和へと日本のバスは歴史を紡いできた。そんなバスの歴史を振り返るバスマガジンの人気連載が「バスのちょこっとヒストリア」。

 今回は横浜でバスの方向幕に掲示されていた「市電保存館」の名前に誘われて、JR桜木町駅バス3番乗り場より終点まで横浜市営バスに乗ってきた。横浜市交通局自動車部滝頭営業所の一角にある横浜市電保存館では、明治・大正・昭和と時代を走り続けてきた横浜市電の姿を保存している。

※内容は2016年の取材時のものです

執筆・撮影:諸井 泉(特記を除く/バスマガジンvol.80より)
取材協力:横浜市交通局、横浜市電保存館、日本バス友の会バス資料室
参考文献:のりあい自動車よこはま市バス60年(1988年横浜市交通局発行)

【画像ギャラリー 】本文未公開写真も‼︎ 目まぐるしい時代変遷を駆け抜けた横浜市営バス


桜木町駅から市電保存館へ。電停シアターでバスを観る!?

滝頭バス停と根岸駅行市営バス。「滝頭」は市電時代の名前を今に受け継いだ歴史ある名前である

 JR桜木町駅構内にある観光案内所で横浜市営バス路線マップを入手し、東口のバス3番乗り場より「市電保存館」の方向幕に誘われて終点まで乗車した。地図上にバスの路線図とバス停が落とし込まれたこのマップは、どの場所にどの系統が走っているかが一目でわかるので「乗りバス派」にとっては貴重なアイテムである。路線図を見ているだけでわくわくしてくる。

 横浜市交通局自動車本部滝頭営業所に隣接した横浜市電保存館は明治・大正・昭和と時代を走り続けてきた横浜市電の姿を保存している。1973年に車両工場跡地の建物を改装し、横浜市電保存館として開館。館内には当時活躍していた車両7両が保存されているほか、鉄道ジオラマや市電&横浜ブルーライン鉄道模型などを展示している。

 その中でも興味深いのは、横浜市電のあゆみを映像で紹介している電停シアターである。市電を映し出した映像をよく見るとバスの走る姿も写っており、横浜市電とともに歩んできた横浜市営バスの当時の様子を見ることができ、バスファンにとっても貴重な実写映像といえよう。

 館内をご案内頂いた石井英明館長によれば、現在の市営バスの駐車場となっている場所がかつての市電の車庫で、車両整備工場の建物は現在でも市営バスの整備工場として使用されているとのことであった。

激動の時代を乗り越えてきた横浜市電と横浜市営バス

1947年6月、米軍払い下げの軍用車「ダッジブラザース」が見事にバスに変身/写真提供:横浜市交通局

 「のりあい自動車 よこはま市バス60年」には、横浜市営バスの歴史が詳しく紹介されている。市営バスは1928年11月10日、A型フォード14人乗り30台で営業運転を開始。当初は7路線、営業キロ30・2㎞でスタートした市営バスだが、10年後の1938年7月には80・1㎞へと開業時の2・7倍に延び、車両数も137台に増えていた。

 また1866年に開設され1942年まで開催された根岸競馬場は、春と秋の競馬開催期間中には桜木町駅から根岸競馬場への観客輸送という特需に沸き、1936年と1937年には、その期間中の運賃収入が1年の輸送全体収入の実に3分の1を占める程にもなったそうだ。

 バスの路線網も市内から市域に拡大し、業績も順調に伸ばしてきたかに見えた市営バスだが、1923年に発生した関東大震災や1945年の横浜大空襲によって壊滅的打撃を受けている。

 この大被害からいかにすばやく復旧させるかが公共交通機関に与えられた使命だが、市電の復旧には莫大な資金と年数がかかるため、それに代わる交通機関として投資が少なくて済むバスが見直され、震災を契機に急速に拡大していった。

 戦時中とその前後の石油燃料欠乏期には石油燃料に代わる木炭を利用した代燃バスを運行、戦後の車両不足の時期には米軍払い下げのトラックを改造したバスを走らせるなど激動の時代を歩んできた。

 昭和30年代の高度経済成長の時代に入ると車社会が到来、市内の道路ではあちこちで大渋滞が発生するようになり、1972年3月31日をもってトロリーバスとともに市電が姿を消すと、その代替え交通として市バスが一気に主役の場に躍り出て現在に至っている。

次ページは : 88年間、ここでバスあゆみを見てきた「たまくすの木」