【特集・バスのちょこっとヒストリア】バス路線図から読み解く郡道を走った郡道バスを探る  〜名古屋市営バスのあゆみ2〜


 バス事業者とそれに関わる歴史をたどるこのコーナー。長く紡いできたバスの歴史を振り返るバスマガジンの人気連載が「バスのちょこっとヒストリア」だ。

 名古屋市昭和区。名前からいかにも昭和の香りのする行政区であるが、名古屋市のほぼ中央に位置しながら昔の面影を色濃く残している道がある。地元の人はその道の名を「郡道」と呼ぶ。

取材・執筆:諸井 泉(特記を除く/バスマガジンvol.82・2017年3月発売より)
※内容は2017年の取材時のものです
◆資料収集及び取材協力
市営交通交通資料センター
日本バス友の会バス資料室
◆参考文献
市営50年史(名古屋市交通局 1970年発行)
市営交通70年のあゆみ(名古屋市交通局平成4年8月発行)
THE SHOWA 郡道(名古屋市昭和区発行)

【画像ギャラリー】狭隘路専用の「郡道バス」が運行されていた道。そして現在


わずか3mの幅員でありながらかつて市営バスが走っていた

郡道を行く、当時の郡道バスの様子(市営バス50年史より)

 昭和区の滝子から荒畑、吹上にかけての道路はかつて「郡道」と呼ばれていた幹線道路で、道の両側にはかつて賑わっていた商店街の面影を今に残している。

 その郡道を市営バス滝子バス停から吹上・古井ノ坂へと歩いてみた。商店街の一角にある「御菓子司吉乃屋」では、店中に紅白の丸餅を並べてお餅作りに励んでいた。お店に入ってみると店内のいたる所に紅白の丸餅が並んでいる。

「明日は地元の神社のお祭りで餅投げに使うお餅を作っているのですよ」と言って応対して頂いた女将森瀬吉國さんに話を聞くと、この地域は戦時中の空襲被害を受けなかったため昔ながらの街並みが残っているとのことで、わずか3m幅の道路でありながら、かつては市営バスも走っていたそうだ。

 道路わきで掃除をしていた別の女性に市営バスについて聞いてみると「廃止になったのが昭和41年1月15日でした」と、年月日がすらすらと口から出てきたので、びっくりして聞きなおしてみると「私がここへ嫁に来る前日に市バスが廃止になり、昨日までバスが家の前を走っていたのよ」と家の人に聞かされたということを話してくれた。

 この郡道を歩いていて、ふと興味深いことに気が付いた。名古屋市交通局発行の名古屋市バス・地下鉄路線図を見ると、郡道と交差している通りにはバス路線が交差し、交差点には滝子・荒畑・曙町一・吹上・古井ノ坂と必ずバス停があるのだ。このことはかつてこの道が幹線道路で、人々の往来が多かったことを裏付けている。

戦災を免れた街並みはいまも昭和初期の面影を残している

1951年(昭和26)に運行を開始したワンマンバス(写真提供:市営交通資料センター)

 郡道について市営交通資料センターの神谷和博さんに話をお伺いしたところ、「いいものをお見せしましょう」と言ってビデオモニターのスイッチを入れてくれた。そこには狭い郡道の商店街を駐車している自家用車や対向するトラック・自転車をよけながらのろのろと走るバスの姿が写っていた。

 神谷さんはかつて市営バスで1967年(昭和42)から74年(昭和49)まで車掌。その後は2012年(平成24)まで運転士として乗務していたそうだ。

 郡道を走ったバスについては道が狭いため、車両同士がすれ違う際にバスの屋根が商店街の軒先に引っかかって屋根を破損させ、よく謝りに行ったものだと先輩が話をしていたそうだ。郡道には狭隘路専用の「郡道バス」と呼ばれる小型バスを運行していたそうで、現在でいうコミュニティバスのような存在であったようだ。

 しかしながら1961年(昭和36)に公布された車両規制令により、狭い郡道は大型車が規制され郡道バスも姿を消すこととなった。2004年(平成16)になると郡道バスを受け継ぐように地域循環バスが運行を開始、昭和区だけでも瑞穂循環、昭和循環系統の2系統が走っている。

 さらに郡道は昭和区に残っている道路だけでなく滝子からは善東寺までの薬師通まで伸びていたことを神谷さんは地図を見ながら教えてくれた。

1963〜64年(昭和38〜39)頃、現在の名東区一社付近を走るボンネット型バス(写真提供:市営交通資料センター)

『市営交通70年のあゆみ』によると、終戦後は1947年(昭和22)と48年(昭和23)に進駐軍から軍用車両のダッチブラザース150両、アンヒビアン12両の払い下げがあり、これをバスに改装して使用、ガソリンの配給開始によってバス事業は急速に復興している。

 1948年(昭和23)には日野トレーラーバスが大型のディーゼル車として登場、それまで主流のボンネット型バスも、1954年(昭和29)に導入したアンダーフロアーエンジンバスや1956年(昭和31)のリアエンジンバスが導入され、現在のような箱型の車体ものに変わっていった。

 また、貸し切りバス事業も1950年(昭和25)に発足、1951年(昭和26)には定期観光バス事業にも進出するようになった。

 現在の郡道には表通りの賑わいはない。しかしながら道路拡張もされず戦災を免れた街並みは、昭和初期の面影を残す今となっては貴重な道路である。かつての郡道バスに思いを巡らせながら閑静な商店街を歩いていると、ふっと後ろからクラクションを鳴らして郡道バスが近づいてきそうなそんな雰囲気が漂う道であった。


バスマガジンVol107は5月31日発売!

バスマガジンVol107は発売日が変更になりました! 最新号は5月31日発売です! ぜひ書店等でお買い求めください!

【画像ギャラリー】狭隘路専用の「郡道バス」が運行されていた道。そして現在