JR九州バスの高速路線は博多、宮崎、鹿児島の各支店が運行し、本州便は博多が拠点

JR九州バスの高速路線は博多、宮崎、鹿児島の各支店が運行し、本州便は博多が拠点だ

 ひとつのバス事業者を掘り下げて紹介する、バスマガジンの名物コーナー、バス会社潜入レポート。今回は2019年に遡って、3月発売号で掲載した、JR九州バス編を振り返って紹介する。

 広い九州内での高速バス路線も充実させているJR九州バス。「フェニックス号」や「桜島号」など、九州のイメージをモチーフにしたマスコットネームを冠した便は、九州内ばかりでなく、ほかの地域からの来訪者にも便利に利用されている。

 画像ギャラリーでは高速車、定観車を紹介する。

(記事の内容は、2019年3月現在のものです)
構成・執筆・写真/加藤佳一(B.J.エディターズ)
※2019年3月発売《バスマガジンVol.94》『おじゃまします! バス会社潜入レポート』より(part2)

【画像ギャラリー】JR九州バスが所有するバスを詳しく見る! バス会社潜入レポート・JR九州バス:編[2]【高速車・定観車】(8枚)画像ギャラリー

本州への高速バスは博多が担当 宮崎・鹿児島は九州内をネット

●ゆめタウン

中国・九州地方を中心に店舗展開する総合スーパー「ゆめタウン」。嬉野本線のおよそ半数が武雄店の前に発着しており、買い物客に利用されている

 高速バスは博多・宮崎・鹿児島支店によって運行されている。

 博多支店は博多駅に発着する本州方面の路線を担当。「出雲ドリーム博多号」と「広福ライナー」の福山系統は夜行、「広福ライナー」の広島系統と「福岡・山口ライナー」は昼行である。いずれも中国ジェイアールバスとの共同運行で、「広福ライナー」には中国バスと広交観光も参入している。

●彼杵(そのぎ)駅

嬉野本線のうち8往復は俵坂峠を越えて長崎県に乗り入れる。起終点の彼杵駅がある東彼杵町は大村湾に面し、かつては捕鯨の町として繁栄していた

 宮崎支店は宮崎を拠点として、福岡方面への「フェニックス号」、別府方面への「パシフィックライナー」、新八代駅で九州新幹線に接続する「B&Sみやざき」の昼行3路線を運行。鹿児島支店は鹿児島から福岡方面への「桜島号」を担当し、昼行便と夜行便の双方を運行する。

●大茶樹(だいちゃじゅ)入口

嬉野市はお茶の産地として知られ、山あいの斜面に段々の茶畑が広がる。牛の岳線の終点近くの「大茶樹」は推定樹齢340年。樹高約4m、枝張約12mという巨樹で、国の天然記念物に指定されている

 いずれも沿線各社との共同運行で、「桜島号」の夜行便は西鉄と2社で分担している。

 貸切バスは5支店すべてに配置され、福岡・佐賀・宮崎・鹿児島の全県と長崎県の一部が営業エリア。博多支店では特別支援学校の送迎輸送も受託している。

民営化後に積極展開したJR九州の高速バス

1996年ごろの「桜島号」

 JR九州の一般路線はローカル輸送が中心だったため、同社自動車事業部は民営化後、貸切バス事業に力を入れながら、地元バス事業者と協調する形で、自社の鉄道と一部競合するような高速バス事業を積極的に展開していった。

2001年ごろの「フェニックス号」

 まず1989年7月、西日本鉄道・九州産業交通・宮崎交通が前年4月に開業していた福岡~宮崎間「フェニックス号」に参加。他の3社とボディカラーを統一した三菱+西工のスーパーハイデッカーを投入した。「フェニックス号」は数年後に20往復を超えるほどの人気路線となり、JRの担当便も大きく増加した。

日産ディーゼル KL-RA552RBN ■748-05554/宮崎230あ8554 宮崎支店/高速 宮崎に4台配置されている西工SD型ボディのスペースウィング。中央トイレつきで、2+1の3列シート29人乗り。「フェニックス号」に使用されている

 1990年12月には、西日本鉄道・南国交通・林田産業交通・鹿児島交通が同年3月に開業した福岡~鹿児島間「桜島号」に参入。JR九州の真っ赤なボディカラーをまとったいすゞ+富士のスーパーハイデッカーを使用した。「桜島号」もまた20往復以上に成長し、JRは西鉄とともに夜行便のダイヤも担当している。

いすゞ KL-LV781R2 ■641-0979/宮崎230い1079 宮崎支店/高速 宮崎に1台だけある西工C型ボディのいすゞLV高速バス。貸切バスに後部トイレ取り付け改造を施した車両である。現在は予備車的な存在となっている

九州4県で一般路線バスを運行、高速バスは中国地方までネットするJR九州バス

【画像ギャラリー】JR九州バスが所有するバスを詳しく見る! バス会社潜入レポート・JR九州バス:編[2]【高速車・定観車】(8枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

連節バスも普通に走る京成バス特集 ほか濃密な最新バス情報を満載!! バスマガジン110号

バスマガジン Vol.110は11月27日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材…