出勤指定時刻が「7時23分」と小刻みなのはなぜ? 路線バス運転手の知られざる業務実態

路線バス運転手の仕事ってレーシングドライバーみたい!? 1日の仕事をレース風に解説

 みなさんこんにちは。路線バス運転手の運屋フランクです。昨今、TVで路線バスの番組が人気を集め、路線バスの認知度が上がっています。ありがたいですね。

 しかし、運転手の1日の業務はあまり特集されないので、その実状はベールに包まれたままです。「休めないんでしょ?」「キツイんでしょ?」といった声は相変わらず多く聞こえます。

 今回は少しでも業務内容を知っていただきたく、実際の1日の流れを解説します。路線バス運転手はある意味、レーシングドライバーと同じプロドライバー。そこでちょっとモータースポーツ風に路線バス運転手の“ルーティン”にフォーカスしたいと思います。

文/運屋フランク、写真/Adobe Stock(トップ画像=hedgehog94@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】こちらのプロドライバーはタイムを縮めたらアウト!? 知られざる路線バス運転手の1日(6枚)画像ギャラリー

■分単位でタイムスケジュールが決められている理由とは?

タイスケには路線のダイヤや休憩時間等、1日の業務の全てが書かれています(leungchopan@Adobe Stock)

 大前提として路線バス運転手は会社員。1日の労働時間が決まっています。それを基準に基本給があり、基本プラス時間外手当や距離手当などが加算されます。

 一般的な会社と違う点は定時という概念がない点。日によって出勤・退勤時間も違い、分単位で決められています。例えば「7時23分出勤」といった具合に。

 なぜ出勤時刻等が違うかというと、担当路線の1本目に時間を合わせているからです。運転手は出勤後にバスの日常点検と出発点呼を受けるのですが、この時間も決められています。レースでいうスタート進行がまさにこれ。

 レースもタイムスケジュールが細かく組まれていますが、路線バス運転手も細かいタイムスケジュールに従って業務を行うわけです。

■アルコールチェックから始まるスタート進行

出発前の点検は法律上の義務です。異常があれば予備車、いわゆるTカーに乗り換えます(smspsy@Adobe Stock)

 それでは1日の流れを追ってみましょう。まずはレースでいうところのスタート進行です。決勝のグリッドに向けてマシンが最後の調整をします。

 出勤後、最初にアルコール検査を行います。検知器に息を吹きかけ、ここで0.01mgでも検知されるとその日は出走できません。懲戒問題となり減給といった重いペナルティも待ち受けます。

 無事アルコールチェックが終わると、その日ドライブするマシンの点検を行います。レースでいう出走前点検ですね。タイヤとホイールの状態、エンジンオイルの容量、灯火器などをドライバー自ら確認します。

 点検が終わったら運行管理者から出発点呼を受けます。注意事項が伝達され、これを終えて初めてコースインできます。この点呼はまさにレースでいうドライバーズミーティング。運行管理者はレースディレクターですね。

■セッションスタート! でもタイム短縮は御法度

運転の疲労を軽減するにはドラポジがかなり大事。私もこだわりの位置設定があります(pinbokeoyaji@Adobe Stock)

 点呼が終わるとセッション開始。フォーメーションラップからのスターティンググリッドという感じで、回送して始点のバス停へ向かいます。ちなみにバスの営業運行時は「実車」、移動のための運転は「回送」と言います。

 セッション中はタイスケに合わせてスティントを消化していきますが、路線のコースはスプリント的なショートもあれば、1時間以上のロングもあります。

 セッション中に気をつけたいのが、安全運行もそうですがバス停の時刻。発車時刻より1秒でも早く発車するとレギュレーション違反となります。タイムを縮めるなど言語道断。下手をするとマシンのナンバー取り上げのペナルティとなります。

 ちなみに遅れた場合のペナルティはありません。コースの中には、法定速度のまま走ると早発するようなセクターもあり、閑散としたバス停をあえて遅発させるなど、頭の中で考えながら戦略的に走っていきます。

次ページは : ■一番大事なのはやっぱりファンサービス

最新号

ベストカー最新号

【7月27日発売】バスマガジン114号!!  徳島バスグループ特集やバス免許取得の新制度レポートほか 充実の楽しいバス情報が満載だ!!

バスマガジン Vol.114は7月27日発売。巻頭では徳島バスグループを特集。徳島県全域で乗り合いバスと貸切バスを運行しているほか、エアポートライナー、四国3県、中国、関西、東京方面への高速バス運行と、徳島県内ばかりでなく、遠距離とのアクセスにも必須の存在だ。