【新型コロナウイルス情報】バス業界の新型コロナ対策ニュースまとめ


 新型コロナウイルスで大きく生活様式が変化してきているものの、やむを得ない通勤や通院、そして通学などでバスを利用する人は多いことでしょう。

 しかしながらバスといえば密室に近いイメージやコロナウイルス流行初期にバス運転手の感染報道もあり、利用者にとってもバスを運行する事業者にとっても不安を感じているケースが多いように思います。

 そこでバスマガジンWebではこれまで報じてきた「新型コロナウイルス対策」のニュースをこちらの記事にまとめました。

 今後も安心してバスを利用できるため、そして運行を続けていただくために活用していただければと思います。

文:バスマガジン編集部


■バスメーカーの新型コロナウイルス対策まとめ

【三菱ふそうが自社製バスの換気時間を発表/2020年5月21日記事】

 三菱ふそうが2020年5月19日にプレスリリースを発表した。「観光バスの新型コロナウィルス新生活様式対応への機能周知について」というリリースは同社製品の換気時間などを詳細に示したものだった。

 バス製造メーカーとして納品先の事業者のみならず、利用客にも対して大きな安心感になるだろう。

【バス運転席の飛沫感染防止対策商品を発売 〜いすゞ自動車 〜/2020年6月16日記事】

 いすゞ自動車から、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた取り組みとして、運転席の飛沫感染防止対策商品が発売された。

【三菱ふそう製バス 新しい生活様式に対応した換気システムの実験結果を公開/2020年7月1日記事】

 三菱ふそうでは、新型コロナウイルス対策に向けたバスにおける新しい生活様式として、バス室内の密閉を防止し、室内の換気を行う「外気導入固定運転」を推奨している。

■バス事業者の新型コロナウイルス対策まとめ

【WILLERが“with コロナ対策” 第一弾を施し6月1日より運行再開/2020年5月25日記事】

 高速バスを運行するWILLER EXPRESS(ウィラーエクスプレス)株式会社は、withコロナの長期化を見越し利用客が安心して移動できるよう、運行再開に向けた3密回避、および衛生管理の対策を整え発表した。

【西東京バスが6月ダイヤ改正 輸送力維持と過密防止の「特別ダイヤ」を強化!/2020年6月22日記事】

 西東京バスは、6月1日よりダイヤ改正を実施している。緊急事態宣言が解除になったことを受けて、朝夕時間帯の輸送力維持と過密防止のための増回を拡大実施するもの。また運休していた夜間深夜時間帯のバス運行を再開する。

 物理的に狭いバス車内では過密になりやすい。安心して乗車できる環境構築に向けて、新型コロナウイルス感染拡大を予防する取り組みを実施。

【コロナ対策万全で増便再始動!! WILEER ReBornが空間除菌消臭装置を装備/2020年7月9日記事】

 各バス事業者が新型コロナウイルス対策を模索するなか、WILLER EXPRESS株式会社がオリジナルシートReBorn搭載車両に空間除菌消臭装置を設置。さらに県をまたぐ移動の解禁によりニーズが高まる中、運行便数を増便。安心安全と利便性を両立するWILLER EXPRESSの取り組みを紹介する。

次ページは : ■バス関連団体/企業の新型コロナウイルス対策活動まとめ