バス乗務員不足が危機的状況!!乗務員も動き出した名鉄バスの切り札とは?(下)

乗務員不足に危機感を感じる乗務員も動き出した!名鉄バスの切り札とは?(下)

 バス業界はコロナの影響も含めて多くの苦悩を抱える。その1つが乗務員不足だ。日本全国どの事業者もハンドルを握る乗務員のなり手がない中で、その確保のために多くのリソースを割く。そんなバス業界の中でスマホアプリを活用して乗務員自らが進んでリクルーターになっている名鉄バスを取材した。(連載記事・上から続く)

文:古川智規(バスマガジン編集部)
画像提供:名鉄バス株式会社・株式会社MyRefer

【画像ギャラリー】乗務員不足を解決する名鉄バスの切り札とは?(下)


サービスエリア休憩中での出会いでも?

 (上)に続き、オンライン形式で名鉄バスの人材開発担当主任である入江直美さんに伺った話の続きからスタートする。

名鉄バスの高速車・エアロエース

 --記者:しかし乗務員の知り合いでなければ接点はありませんね?
「じつは実例を挙げるとそうでもなくて、例えば高速バスで途中休憩のサービスエリアの喫煙所なんかで乗務員に声を掛けたバスファンの方や乗務員の仕事に興味のあった方が、そのまま乗務員の知り合いになりアプリを見て応募したということもありましたので、一概に友達だけというわけでもないようです」

 --記者:実際に乗務員が採用活動をするということですか?
「そこまではしません。本来は人事担当者がお伝えする採用条件や待遇はすべてアプリに書かれていますので、その説明は不要なのです。応募していただければ改めてこちらで説明しますからね。乗務員には細かいことではなくて、実際のバス運転士の仕事を、つまり日常を伝えてもらうだけです」

アプリは紹介するだけのツールだが自分に紐づくので選考状況が目に見える!

 「それであれば難しいことを覚える必要も伝える必要もありません。応募される方も条件等は人事担当者に聞いていただければよく、一番知りたい仕事の実際を先に聞いて考えるメリットがあります」

 --記者:なるほど。しかし好待遇であれば東海以外からの応募もあるのではないでしょうか?
「おっしゃる通りです。ですから入社から一定期間、上限はありますが敷金・礼金・家賃を会社で全額負担することにしました」

待遇や条件の説明はアプリに任せて生の声を伝える!

 --記者:アプリを導入して乗務員は増えましたか?
「現在では乗務員の約85%がアプリをインストールしていますが、おかげさまで年間20名の採用ができています。これはアプリなしの時と比較して約2倍の実績です」

紹介者側の乗務員に直撃!

 では実際に乗務員として採用担当にアプリを使って紹介した側の乗務員に直撃した。取材した乗務員は松岡恭兵さん(24)だ。

紹介した側の乗務員・松岡恭兵さん

 --記者:なぜ紹介しようと思ったのですか?
「紹介する方(片岡さん・後述)とは学生時代からの付き合いで、休みがあえば出かける間柄です。ある日「憧れのあるバス運転士になり、より身近で直接的にお客様と接する仕事をしたい」と相談を受けました。

 片岡さんの人柄や性格をよく知っており、自分自身も紹介制度で入社したため自分と重なることもあり、 バス運転士への憧れや熱い思いを応援したいと思い、紹介しました。」

 --記者:この制度を利用してよかったと思ったことは何ですか?
「片岡さんがエントリーした時点で、MyReferから自分のもとに「紹介した人はどんな人ですか?」という質問が届きました。(被紹介者・応募者を)自分から直接売り込める、自分の言葉が聞いてもらえる仕組みが良かったなと思います」

自身も紹介制度で入社!

 --記者:乗務員が人を紹介するということは面倒ではありませんか?
「MyReferのアプリを使えば面倒な書類での紹介文を作成する必要はありせんし、質問事項にも選択肢の中から選ぶだけで簡単でした」

 「また、募集要項の細かな部分は口頭で説明するのが難しいと思ったところ、全てMyReferに全て書いてあるので、とても紹介しやすかったです」

次ページは : 紹介された応募者に聞いてみた!