料金割り増しでも座って乗りたい 川崎鶴見臨港バスが座席定員制バスの実証実験を実施!

川崎鶴見臨港バスが座席定員制の着席バスの実証実験をハイデッカー高速車で実施!

 川崎鶴見臨港バスは川崎市と協力し、川崎市地域公共交通計画における施策「輸送サービスの快適性向上」に基づく取り組みの一つとして、速達性の向上および着席サービスのニーズの調査を目的として2021年8月16日から2022年2月15日の6か月間にわたり、定員制の着席バスを川崎駅東口発の浮島バスターミナル行の路線で平日の朝に運行する実証実験を実施する。

文:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】川崎鶴見臨港バスで定員制着席バスの実証実験がスタート!


ラッシュ時の路線バスでも着席を!

 臨港バスがアクセスを担っている川崎市臨海部のバス路線は、距離の長い路線が多く、バスの乗車時間が長くなる傾向があるという。朝のラッシュ時には川崎駅などの始発停留所で着席を希望するニーズが多い。今回の実証実験により、この課題の解消に向けた有効性を検証する。

着席バスの使用車両は高速車

 川崎市地域公共交通計画は、市域全体の持続可能な地域交通環境の向上を目指して2021年3月に策定された。臨港バスはこの計画に協力し、着席バスの実証実験を通して旅客ニーズを調査し、今後の輸送サービス向上に生かしたい考えだ。

 実施日程は2021年8月16日~2022年2月15日の平日(土・日・祝日、年末年始は除く)で、ダイヤは川崎駅東口発 6:30、7:10、7:50の1日3本。

実証実験の路線図

 乗車方法は19番乗り場にて先着順。各便の定員になり次第、締め切る。運賃は大人340円、小児170円(片道・普通運賃込み)で乗車時に運賃前払いでICカードでの支払いは可能。

 使用車両はトップドアのハイデッカー高速車で定員は49名だ。通常の路線バスの運賃が210円なので、約6割増し運賃だが路線バスで30分程度の乗車時間であれば340円でも着席して乗りたいというニーズはあるだろう。

【画像ギャラリー】川崎鶴見臨港バスで定員制着席バスの実証実験がスタート!