バスでレインボーブリッジ渡れますっ!! バスとゆりかもめとどっちが早い!?

都営バスでレインボーブリッジを渡る「波01出入」でゆりかもめと勝負!

 乗りバスシリーズ、今回は都営バスの「波01出入」系統だ。都営バスで唯一、レインボーブリッジを渡ることができる系統で、品川駅港南口と東京テレポート駅前を結ぶ。

文:古川智規(バスマガジン編集部)
写真:小野寺利右

【画像ギャラリー】都営バスで唯一レインボーブリッジを渡る「波01出入」系統


導入されたばかりのMP、G833がやってきた!

 波01は東京テレポート駅前から中央防波堤に行く、ほぼ関係者の通勤用路線だが、品川営業所から東京テレポート駅前までの送り込みに使われるのが「波01出入」だった。現在では波01は有明営業所の所管になっているので、厳密には海01の送り込みが「波01出入」と言ってもよいだろう。

波01出入がやってきたが系統番号は入っていない

 さて、波01出入は品川駅港南口から出発する。品川駅が品川区にないのは有名な話だが、所在地は港区である。ここから出発する波01出入も台場まではすべて港区内を走る。最後の最後に江東区に入る。

品川駅港南口から降りる階段にはバス停の系統が書いてあるので間違のないように!

 物流倉庫が多く立ち並ぶエリアを通るとレインボーブリッジが間近に見えてくる。曜日や便によっても異なるだろうが、途中乗車もありほぼ座席定員いっぱいという乗車率だった。

1日2便だが路線図はキチンと完備!

 レインボーブリッジは2層構造で、上層に首都高速道路11号台場線が、下層に一般道路である臨港道路とゆりかもめが走る。都営バスは一般道路を走る。レインボーブリッジを通る路線バスは比較的多いのでバスで渡ることは難しいわけではないが、都営バスではこの系統だけである。

高速バスも停車する都営バスの共用停留所は珍しい!

ゆりかもめと勝負!

 レインボーブリッジは下に航路が定められ大型船舶が通過するので高さがある。 そのためにらせん状の道路を駆け上り高さを稼ぐ。記者が乗車した便は新車で導入されたばかりの品川営業所G833・三菱ふそうエアロスターの担当で、軽快にこの「峠」を登っていく。

品川営業所G833・三菱ふそうエアロスター

 この車両は有明営業所に大量導入されたエアロスターの1台だが、五輪も終わり早々に江東ナンバーから品川ナンバーに変わり品川営業所に転属してきた。

つい先日まで江東ナンバーだったのが品川営業所に転属して品川ナンバーに!

 レインボーブリッジの下層は橋げたがあるので絶景とはいかないが、左側に座れば景色は見える。一方、右側にはゆりかもめがあり、その向こうに逆向きの道路があるので景観は望めない。

レインボーブリッジに駆け上がる!

 しかし橋に差し掛かるとゆりかもめがやってきて抜きつ抜かれつの「デッドヒート」を繰り広げた。実際にはゆりかもめは自動運転なので、そんなことはないのだが、たまたま速度が同程度だったのでそう見えただけだ。その模様は動画でご覧いただきたい。

波01出入レインボーブリッジを行く

 ゆりかもめと別れると波01出入は「お台場海浜公園駅前」に到着する。「東京国際クルーズターミナル駅前」からは江東区に入り、ゆりかもめの下をトレースするように走り、終点の東京テレポート駅前に到着する。

左側席は東京港の景色が一望

次ページは : 1日2往復でみんくるガイドにも非掲載の幻級路線!

最新号

ベストカー最新号

山口県周防地方の全域と長門地方の東部で路線バスを運行する防長交通を特集!! |バスマガジン108号

 バスマガジン Vol.108は7月30日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材…