バスマガジンWEBから初詣の話題と新年のご挨拶


 明けましておめでとうございます。2021年から本格的に配信を開始した「バスマガジンWEB」ですが、本誌とは別編集で幅広い読者の皆様にバスに関する話題をお届けしてまいりました。

 本年も本誌ではできない速報性と新たなバスファン獲得に向けて話題を提供してまいりますので、よろしくお願いいたします。新春らしく初詣の話題をお話いたします。

文/写真:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】バスマガジンWEBから初詣の話題と新年のご挨拶(8枚)画像ギャラリー

あなたのパワースポットは?

 私

記者が本格的に毎年同じ神社に初詣に行くようになったのは、忘れもしない酉年の元旦でした。友人のあるドルヲタに連れられれて行った乃木神社でした。乃木神社では、お神酒をいただくと干支の盃をいただけるのを知った記者はもちろん、縁起物ですのでいただいたのでした。もちろん酉の絵柄です。

子年元旦の乃木神社

 乃木神社は千代田線乃木坂駅のまさに真上にあるので地下鉄で行く場所ですが、当時何を考えたのか千代田線に乗り換えにくいということもありました。青山一丁目駅前から港区のコミュニティバスである「ちぃばす」の赤坂ルートに乗車して、乃木神社に行きました。

乃木神社本殿

 さてこの盃ですが、酉年で始まったのでコンプリートしようと考えるのは収集癖の強いマニアならでは。ということは12年間通わなければそろえることはできません。酉、戌、亥、子、丑と5年間続いてきて今年が寅年でようやく半分です。まだあと6年間は通い続けなくてはなりません。

子年の盃

 最初は盃のコンプリートのために通っていた乃木神社ですが、どうやら記者にはパワースポットのようで年々運気が上がっているように「感じ」ます。

山口県の乃木神社も有名

 ところで乃木神社は全国に多くありますが、東京の乃木神社と並んで有名なのが山口県下関市長府にある乃木神社です。こちらも霊験ある神社で交通機関は下関駅、長府駅、新下関、山口宇部空港からいずれもサンデン交通のバスで乗り換えなしで「城下町長府」下車徒歩10分ほどです。

 神職が楽しい方で時間が許す限りいろいろなお話をしてくれ、時間があればお守りを授かるときにも一人ひとりにお祈りをささげてくれます。

下関市長府の乃木神社

 乃木家が使っていた井戸水は御神水として現在では飲用に適するように浄水されて飲むことができ、常識的な量であればペットボトルで持ち帰っても構いません。

 この下関の神職に聞いたお話では、(お寺ではなく)神社のお守りはいくつ同時に持っていても構わないそうです。ちなみに下関にある乃木神社前の坂もずっと昔から「乃木坂」です。

長府の乃木神社にある御神水

八百万の神々に何を伝えるのか?

 記者が神社にお参りする際には必ず(心の中で)自分の住所氏名を言うように心がけています。八百万(やおよろず・800万ではなく極めて数が多いという日本語の例え)の神々に自分がいったいどこの誰なのか分からないと困ります。

 また、お願い事というよりも、こういうことを成就したいので頑張りますという決意表明にしています。全部神々が面倒を見てくれると考えるのはちょっとアレです。

御神水の説明書き

 読者の皆さん、それぞれにパワースポットがあると思いますが、初詣は信仰心や宗教にかかわらず日本人にとっての大切な年中行事のひとつで、区切りのひとつでもあるのではないでしょうか。

 今年の元旦は地下鉄とバスを乗り継いで乃木神社や東郷神社に参拝しようと考えている記者ですが、もちろん東郷神社はバスライフ事始めとして都営バス「早81」系統と考えています。

祝日の国旗もバスならでは

 ただし、早81系統は原宿駅前を通る唯一の路線で明治神宮の交通規制で経路が変更になります。他にも浅草付近では運行変更が多いので参拝の際は停留所掲示を確認の上で、バスライフ事始めを楽しんでください。

 読者の皆様の今年1年の無病息災をバスマガジン編集部はお祈り申し上げます。重ねまして本年もよろしくお願いいたします。

【画像ギャラリー】バスマガジンWEBから初詣の話題と新年のご挨拶(8枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

【3月29日発売】バスマガジン112号!! 名阪近鉄バス特集ほか 濃くて楽しいバスの話題と情報が満載だ!!

バスマガジン112号は路線も貸切も超充実の布陣!! 名阪近鉄バス特集ほか、[自衛隊東京大規模接種 センター シャトルバス 運行35台の記録]、スマートバス停のメーカー直撃取材レポートなど、濃くて楽しいバスの話題と情報が満載です!!