三重交通のボンネットバスBXD30が凱旋里帰り!! 市民やファンを乗せて伊勢市を快走!!


 ボンネットバスが期間限定で復活した。三重交通で路線バス(後年は定期観光バス)として運行されていた「いすゞBXD30」ボンネットバス(1966・昭和41年式)で、車掌乗務時代の一般的な構造による典型的なボンネットバスだ。川崎航空機工業が車体を架装し、最後期のボンネットバスのムードをよく残している。整理券をゲットして乗ってきたのでレポートする。画像ギャラリーには快走するボンネットバスの勇壮写真を大量収録したので、合わせてご覧いただきたい。

文/写真:東出真
編集:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】三重交通のBXD30が凱旋里帰り!あの銘板も(23枚)画像ギャラリー

早朝から整理券の列!

 伊勢市内を懐かしいボンネットバスが走行するイベントが開催された。筆者も乗車したことのないバスであり、この機会にと思い伊勢市へ向かった。当日の様子をレポートする。

 2022年11月12日土曜日のJR伊勢市駅。まだ朝の冷え込みが残る午前7時に到着した。バスの乗車にはまだ時間があるのだが、その乗車に必要な乗車整理券をもらうため少し早めに向かったわけである。筆者が到着した時点でバス停には既に4人が待っていた。先頭の人は6時から待っていたというから、この時を待ち望んでいたファンもいたのかと実感する。

復刻された三重交通のバス停

 それもそのはずで、今回乗車するボンネットバスは当地を本当に走っていたバスだからである。昭和59年まで三重交通伊勢営業所に所属していたボンネットバスで、実に38年ぶりの里帰りとなるわけである。

 集まった人の中には昔路線バス時代に乗ったことがあったという方や、夫がこのバスを運転していたという方もいて出発前からとても賑わっていた。バスの履歴については後述する。

式典の後にいよいよ出発!

 9時30分からの出発を前に出発式が行われ、伊勢市長とボンネットバスを所有しているNPOバス保存会の理事長、当時所有していた三重交通の3者が挨拶を行った。

 公共交通機関としてのバスに関心を持ってもらい、また昔この地を走っていたバスに乗って車窓から見える伊勢の風景を楽しみながら思いを馳せてほしいということであった。

同じいすゞ製のエルガとご対面!

 その後は今回のためにわざわざ設置されたバス停前にバスを移動させて、いよいよ乗客が乗り込んでいく。もちろん筆者もこの1便の整理券をもらうことができたので同時に乗車した。

 車内は昔懐かしい感じがあるものの、きちんと整備されているので傷みや古臭さを感じることはない。座席は乗車扉から前方はロングシートが、後方は進行方向に 向いたベンチシートが配置されている。

車掌が乗務!

 9時30分に出発の合図で多くの関係者、市民に見送られてJR伊勢市駅を出発した。今回のルートは、駅から市内にある商業施設を結んで走行するもので、イオン伊勢店、ララパークで乗車扱いを行い、近鉄宇治山田駅を経由してJR伊勢市駅に戻る。

ゲットした乗車整理券

 なお乗車整理券はJR伊勢市駅でイオン伊勢店かララパークまでのどちらかの行き先を選んで乗車し、イオン伊勢店とララパークで降車した人数分が入れ代わりで乗車するという形だ。近鉄宇治山田駅では降車のみ行い、途中から乗車した乗客は戻ってきたJR伊勢市駅で全て降車するという流れである。

 筆者は次のイオン伊勢店まで乗車した。予定の時刻より10分ほど遅れての到着であったがその分ボンネットバスの乗車を楽しむことができた。車内は思ったより静かで乗り心地も快適であった。

 道中は同乗している「バスガール」こと三重交通のバスガイドさんによる観光案内もあり、伊勢市民はもちろん、ボンネットバス目当てでやってきた県外の方にも十分に楽しんでもらえたかなと感じた。

車掌が乗務!

 イオン伊勢店のバス停には、すでの多くの乗客が列を作っており、この1便が到着した時点で乗車する整理券はもちろん、その次の便の整理券も既になくなりそうなほどだった。

 バス降車後は市内を走るバスを撮影した。翌日の日曜日はあいにくの天気であったがこの日はとてもいい天気で、沿道各所でバスを撮影しようとカメラを持っている人を見ることができた。

次ページは : 凱旋には長すぎる回送距離を頑張った!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【9月26日発売】バスマガジン115号!!  新潟交通グループ特集や三菱ふそうの2階建てバス試乗記など楽しいバス情報満載!!

バスマガジン Vol.115は9月26日発売! 美しい写真と詳細なデータで読者を魅了するバス好きのためのバス総合情報誌だ!! 巻頭の[おじゃまします! バス会社潜入レポート]は、新潟交通グループを特集。人気の赤いルーフにシルバーボディのバスが誌面に勢ぞろい!