バス好きのための総合情報誌『バスマガジン Vol.98』


 バスマガジン Vol.98が発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材で読者を魅了してやまないバス専門誌。

 おじゃまします!! バス会社潜入レポートSpecialでは広島電鉄を特集。

 沖縄の交通の歴史を知る生き証人であるナナサンマルバスを乗り継く企画も実施。1972年本土返還後の沖縄の現代史とともにナナサンマルバスを紹介していく。

 帰ってきた!! 都道府県別・地域別路線バス全方位レポートや、好評連載企画と様々な方面からバスについて詳しく紹介。


おじゃまします!! バス会社潜入レポートSpecial 【広島電鉄】

おじゃまします!! バス会社潜入レポートでは、広島電鉄を特集!! 

 おじゃまします!! バス会社潜入レポートでは広島電鉄を取り上げる。

 広島電鉄は、終戦の翌年には、原爆投下により焦土とかした広島の復興にむけて、市内路線の復旧を始めたという歴史を持ち、広島市内の軌道19.0kmと広電西広島~広電宮島口間の鉄道16.1kmを営業しているバス業者である。

 バス路線は広島市内を中心に広島県西部の広域に及び、広島市街地の暮らしを支えている。また、松江などへ向けての高速バス、呉と広島空港を結ぶリムジンバスも運行している。

 広島電鉄のバスの写真、所有車両(一般路線・高速・貸切)、本社・営業所・車庫、広島電鉄5つのポイントや、広島電鉄の歴史と幅広く紹介する。

ナナサンマルバスを乗り継いでみた

歴史のあるナナサンマルバスを乗り継いでみた

 1972年5月15日に沖縄県が日本へ本土返還。本土返還された3年後である1978年7月に右側通行から左側通行に変わった。その際に一気に導入された右ハンドルのバスをナナサンマル(730)バスと呼ぶ。

 ナナサンマルバスは、現在日曜日(祝日)に定期運行されているという。
今回、沖縄 の交通の歴史を知る生き証人であるナナサンマルバスを直接乗り、沖縄の景色や走りっぷりを堪能した。

 そして、なぜナナサンマルバスが生まれたのか、歴史的背景を沖縄県の現代史と併せて解説していく。

次ページは : タイヤの最新事情を根掘り! 葉掘り!

最新号

ベストカー最新号

山口県周防地方の全域と長門地方の東部で路線バスを運行する防長交通を特集!! |バスマガジン108号

 バスマガジン Vol.108は7月30日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材…