小江戸・川越に色を添える!! 2色のボンネットEVバスが小江戸巡回バスにデビュー


 首都圏からのアクセスも抜群、埼玉県の観光スポットといえば川越[小江戸/蔵の街]だ。そのホットな観光ポイントを巡回するバスが毎日元気に運行されている。イーグルバスが運行する、その名も[小江戸巡回バス]。

 これまでも蔵造りの家屋が軒を連ねる街並みによく似合う、観光ムード満点のボンネットバスが運行され大人気だったが、このたびEVのボンネットバスがデビューした。

 同社・谷島社長のプロジェクトに協力したのは、本誌でおなじみのオノエンジニアリングだ。

執筆:近田 茂
取材協力:イーグルバス株式会社/オノエンジニアリング
(バスマガジンvol.102より)

【画像ギャラリー】イーグルバスの[小江戸巡回バス]その1

【画像ギャラリー】イーグルバスの[小江戸巡回バス]その2


ネオクラシカルな最新ボンバスが蔵の街に溶け込んでいる

巡回バスなので一応、という感じだが起終点となるのは東武鉄道とJRの駅となる川越駅の西口、2番乗り場だ

 電線を地下埋設し電柱を廃除した街。「小江戸/蔵の街」は川越町おこしで取り組まれた観光地化の成功例としても有名な土地。本物の蔵のある建物が並ぶ約400 mの商店街を始め、連馨寺や氷川神社に喜多院、そして市立博物館・美術館など、訪れる客を1日中飽きさせる事なく存分に楽しませてくれる。

 そんな話題の街で、川越駅西口を起点に本川越駅を経由して小江戸を巡回する小型バスを運営しているのが、今回取材させて頂いたイーグルバスだ。

 すでにお気づきだろうが普通のバスではない。見たことない珍しい形のボンネットバスは、実はゼロエミッションのEVでもある。

 それもそのはず、イーグルバスのこだわりは、フェンダーやボンエットなどの外装と室内装備までをオリジナルデザインで専用開発したのだ。

 神殿のように立派なラジエターグリルの頂点には、イーグルバス社のマスコットが特注オーナメントとして誇らしげに飾られている。

インテリア全景。ブルーボディ車は寒色系のカラーで、レッドボディ車は暖色系カラーにそれぞれ構成されている

 輸入販売と内外装のカスタムビルドを手がけたのがバスマガジン本誌でお馴染みのオノエンジニアリング。イーグルバスの谷島社長と小野社長とーのご縁は、古いボンバスのメンテナンス事業を請け負ったことから始まったそう。

 もともと小江戸の街にふさわしいバスはクラシカルなボンネットバスが運用され、オーテックジャパン製のモデル(日産シビリアンベース)が使われていた。

 初代導入は1997年。2004年には3 台体制で巡回し、蔵の街の顔として定着。しかし経年劣化により代替え期になった時、ボンバスの生産は終了してしまっていた。

 だからといってレトロムード満点の蔵の街に、安易に普通の新型バスを導入することはできない。街自体がこだわりの強い川越で、いまさら普通のバスの選択は考えられなかった。

 EVという意味では「日野ポンチョEVがありましたが実用運行で60km。小江戸巡回バスの運行は1 日65km走れないと役に立ちません」(谷島社長)。

日本初の電気ボンネットバスだけに“本物”でなければ!!

架装ではなく、製作されたボンネットボディを持つ小江戸巡回バス。レトロモダンという言葉がピッタリの外観だ。こちらは赤い車両

 あれこれ考える中で次のボンネットバスをどうすべきか悩む中、「少なくとも普通のマイクロバスにボンバス風ノーズを偽装するだけのような、安易な事だけはしたくなかった」と谷島社長。

 かといって本物ビンテージバスをレストアして運行することは現実的ではない。暗中模索の中、中国調査で出会ったのがヤーシン製のEVボンバスだった。

 それがおよそ2年前のこと。それからは谷島社長と小野社長が共に博物館を巡り、改めて古き良きボンネットバスを調査するところから始め、キャッチボールしながらデザイン案を煮詰める。谷島社長の要望を採択しつつ、国内法規への適応を図るのが小野社長の役目だ。

 谷島社長は、「EVなら車体構造が簡単な面があるので、オリジナルのボンバスを自社開発できると判断しました」と微笑む。そこにオノエンジニアリングのノウハウも生きてくるわけだ。

 街づくりで大切な要素には「差別化」があるという。飲食業でもおもてなしの方法にそれぞれ工夫をこらし、ある日本料亭では食器美術館を併設し国宝級の逸品を披露している例もある。

 お客様をお乗せするバスも同様に差別化が大切で、その表現のひとつとして本物のボンネットバスが相応しい。そこに「日本初の電気ボンネットバス」を走らせればさらなる誘客要因にも期待できると言うわけだ。

フロントウインドーからみえるボンネット。現在では新鮮なシーンだ

 EVバスの導入コストはまだまだ高いが、今回は少し大型化して対応している。従来のボンバスは26人乗りだったが、今回の新型は41人乗り。全長も6720㎜から7540mm、全幅も1990mmから2360mmへとサイズアップしているが、小回り性能などは小江戸を巡るコースにも対応している。

 むしろEVには変速機が無く、ボタン操作の完全オートマチック仕様。運転席も上質な物が奢られており、ドライバーの快適な職場環境が得られている点も見逃せない。

 運行はまだ6月に始まったばかり。イーグルバスはEVバス事業を展開するパイオニアとして、多くの実用データを収集中だ。今後の活躍の中で、EVに相応しい使い方やメンテナンスなど、貴重なデータが集まることは間違いなく、今後のバス事業の指標となることへの期待値も大きい。

 あえて不安材料を訪ねると「使用部品のクォリティーが日本のレベルに及んでいない」と回答してくれた。ただヤーシンの生産工場では、日本向けのものは特別丁寧に取り扱われているそうだ。

 耐久性も含めてこれから判明するであろう事柄も多い中、データの蓄積でイーグルバスが先行していくことは間違いないのではないだろうか。日本初のこのトライに本誌も注目していきたい。

【画像ギャラリー】イーグルバスの[小江戸巡回バス]その1

【画像ギャラリー】イーグルバスの[小江戸巡回バス]その2

最新号

ベストカー最新号

大阪府と京都府を中心に運行する京阪バスを特集!! バスマガジン107号

 バスマガジン Vol.107は5月31日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材で読者を魅了してやまないバス好きのためのバス総合情報誌だ!  おじゃまします!バス会社潜入レポートでは、京阪バスを特集。さらにヒュンダイユニ…