京成バスの路線車、「新都心幕張線」に3代目となる連節バスがデビュー


 京成バスでは、幕張新都心地区で運行する路線バス「新都心幕張線」(幕張本郷駅~海浜幕張駅~ZOZOマリンスタジアム)において、営業運行開始から3代目となる『新型連節バス』を2両導入し、3月30日より運行を開始する。

文:バスマガジン編集部

【画像ギャラリー】いよいよ国産車で登場!! 新型連節バス3月30日運行開始!!


運行区間は幕張本郷駅~海浜幕張駅~ZOZOマリンスタジアム

3代目となる新型の連節バスも、先代のイメージを踏襲するボディカラーとされた

 今回で3代目となる連節バスは、いすゞ自動車と日野自動車が共同開発した、最新型の国産ハイブリッド連節バス[日野ブルーリボンハイブリッド連節バス]だ。

 設備面では、利用者と乗務員の安全確保のため、「ドライバー異常時対応システム(EDSS)※」を搭載しているほか、通常の路線バス(単車車両)とほぼ同一の運転席レイアウトにより、安全性の向上が図られている。

 乗車定員は座席38名+立席74名+運転席1名の計113名。デザイン面では2代目である現行車両のボディーカラーを踏襲しつつ、前後面および側面上部に当社のコーポレートカラーの帯と、愛称「シーガル幕張」のロゴを付した新デザイン。「幕張新都心の京成連節バス」であることをアピールする。

※ドライバー異常時対応システム(EDSS:Emergency Driving Stop System)走行中、ドライバーが急病などで安全に運転できない状態に陥った場合、お客様や乗務員自身が非常ブレーキスイッチを押すことで、減速して停止させる装置。

路線バス「幕張新都心線」歴代連節バス

●1代目(1998年12月10日~2010年2月18日)
 一般路線バスでは日本初の連節バスとして計10両が導入され、就業人口が増加する幕張新都心エリアの輸送を担った。

ボルボ社より輸入したエンジン・シャシーに、富士重工業で車体を架装した連節バス

●2代目(2010年2月19日~)
 1代目の代替車両として10両が導入された後、更なる輸送力の増強を図るため5両が増備された。

メルセデス・ベンツ「シターロ」シリーズ(製造:エボバス社)のノンステップ連節バス

【画像ギャラリー】いよいよ国産車で登場!! 新型連節バス3月30日運行開始!!

最新号

ベストカー最新号

山口県周防地方の全域と長門地方の東部で路線バスを運行する防長交通を特集!! |バスマガジン108号

 バスマガジン Vol.108は7月30日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材…