都バス停留所が最寄り!?都営バスに乗って無料PCRモニタリング検査を受けてみた!!

都営バス停留所が一番近い?東京都の無料PCRモニタリング検査を受けてみた!

 旅行とは言わなくても移動するだけでも気になってしまうコロナ事情だが、現状では感染しないように対策するのと、法律上の努力義務だがワクチン接種くらいしか防御手段がない。

 ワクチン接種が済んでいても無症状で感染しているかもしれないので自分自身が感染していないことを確認するしかない。そんなPCR検査を無料で実施しているスポットを都営バスで巡ってみた。

文:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】意外にも都営バスの停留所が最も近い場合もある東京都の無料モニタリング検査会場


PCR検査は3種類に大別される

 毎日発表される感染者数だが、そんなに多くの検査をどこでやっているのだろうかと不思議に思われたことはないだろうか。検査には大きく分けて3種類あり、これらのうち保健所に報告される実数が感染者数ということになろう。

現に症状があり保健所や医師が必要と認めた時に行う「行政検査」は、法律に基づいて行なわれるので無料だが、感染している可能性が高く一刻を争う。

大きく無料検査が受検できる旨が書かれているが人数は少なめ

 次に自治体や国が独自に行っている検査でモニタリング検査とも呼ばれる。目的や対象者はさまざまで、たとえば内閣府が行っている航空機搭乗者に対する無料検査は、感染拡大地域の空港からの搭乗客を検査して予兆や動向をつかむ目的で実施されている。

 当然だが該当する航空便の予約が必要で、もし陽性判定を受ければ航空会社にも通知されるので搭乗できない。

イベントスペースの裏手に当たるためかメイン通りよりも人は少ない

 また東京都が行っている無料のモニタリング検査は無症状の道行く人に対して行い、感染拡大の予兆や早期探知を行うことを目的としていて東京都民でなくても構わない。

 よって継続して実施されているが、場所や日時等は人流が変わると意味がないので非公開になっている。今回はこの東京都の無料検査を受検してきた。

新宿で土曜日なのに待ち時間はほとんどなく検査ができた

 最後の検査種類は自費検査で、これは検査機関によりかなりの幅があるので注意したいところだ。検査結果の判定が「医療機関」や「提携医療機関をもつ検査機関」により確定診断されたものでない限り、あくまでもその結果は可能性に過ぎない。

 よって「医療機関」または「提携医療機関をもつ検査機関」で自費検査するのが望ましいとのことだ。

鉄道ターミナルや乗換駅で実施しているがバス停が最も近い場合も!

 さて、東京都のモニタリング検査は場所や日時は非公開なので、記者が受検したスポットで今後も必ず実施しているとは限らないので、最初にお断りしておきたい。

 最初に受けたのは新宿西口イベントスペースだ。駅の改札としては小田急や京王が近いが、新宿駅西口のバスターミナルからもかなり近い。都営バス・京王バスCH01系統だと、まさにバス停の目の前だ。

受付で説明を受けたら検査ブース内ではセルフサービスだ!

 翌日に行ってみたのがJR総武快速線・馬喰町駅と都営新宿線・馬喰横山駅を結ぶ改札外コンコース上だ。ここでは主にJRと都営新宿線、または都営浅草線・東日本橋駅への人流をターゲットに実施しているようだ。方法は新宿西口と同じだった。

検査キットの綿棒を3分くわえて不活性液の中に浸して検体を提出する

 JRの改札口と都営新宿線の改札口からほぼ等距離だが、実は地上を走る都営バス「馬喰町」停留所からJR馬喰町駅入口の階段を下ったところにあるので、都営バスでもかなり近い。

 秋26系統(秋葉原駅前→葛西駅前の方向のみ)や東42-1系統(双方向)のバス停が最寄りだ。

馬喰町停留所が近い

 検査結果は3-4日後にメールで来るので、あらかじめ個人情報を登録したマイページで検査結果を見るというものだったが、記者の場合は検査翌日には判定結果が反映されていた。

 職員によると、どこでいつやっているかは公開していないが、PCR検査はそのとき限りの判定なので、もし通行途中で見かけたら何回でも検査していいということだった。

結果は3-4日後ということだったが記者の場合は翌日にはマイページに陰性判定が反映されていた

 症状や発熱があったり体調が悪かったり等の行政検査対象者とみなされなければ、何回でも検査を受けて構わないということだ。

 検査スポットは公式ではないものの、実際に受検した人がSNS上で情報を流しているので乗りバスや近くを通る路線に乗車している際は下車して、自身の状態を確認してみてはいかがだろうか。

【画像ギャラリー】意外にも都営バスの停留所が最も近い場合もある東京都の無料モニタリング検査会場