都バス停留所が最寄り!?都営バスに乗って無料PCRモニタリング検査を受けてみた!!

都バス停留所が最寄り!?都営バスに乗って無料PCRモニタリング検査を受けてみた!!

 旅行とは言わなくても移動するだけでも気になってしまうコロナ事情だが、現状では感染しないように対策するのと、法律上の努力義務だがワクチン接種くらいしか防御手段がない。

 ワクチン接種が済んでいても無症状で感染しているかもしれないので自分自身が感染していないことを確認するしかない。そんなPCR検査を無料で実施しているスポットを都営バスで巡ってみた。

文:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】意外にも都営バスの停留所が最も近い場合もある東京都の無料モニタリング検査会場


PCR検査は3種類に大別される

 毎日発表される感染者数だが、そんなに多くの検査をどこでやっているのだろうかと不思議に思われたことはないだろうか。検査には大きく分けて3種類あり、これらのうち保健所に報告される実数が感染者数ということになろう。

現に症状があり保健所や医師が必要と認めた時に行う「行政検査」は、法律に基づいて行なわれるので無料だが、感染している可能性が高く一刻を争う。

大きく無料検査が受検できる旨が書かれているが人数は少なめ
大きく無料検査が受検できる旨が書かれているが人数は少なめ

 次に自治体や国が独自に行っている検査でモニタリング検査とも呼ばれる。目的や対象者はさまざまで、たとえば内閣府が行っている航空機搭乗者に対する無料検査は、感染拡大地域の空港からの搭乗客を検査して予兆や動向をつかむ目的で実施されている。

 当然だが該当する航空便の予約が必要で、もし陽性判定を受ければ航空会社にも通知されるので搭乗できない。

イベントスペースの裏手に当たるためかメイン通りよりも人は少ない
イベントスペースの裏手に当たるためかメイン通りよりも人は少ない

 また東京都が行っている無料のモニタリング検査は無症状の道行く人に対して行い、感染拡大の予兆や早期探知を行うことを目的としていて東京都民でなくても構わない。

 よって継続して実施されているが、場所や日時等は人流が変わると意味がないので非公開になっている。今回はこの東京都の無料検査を受検してきた。

新宿で土曜日なのに待ち時間はほとんどなく検査ができた
新宿で土曜日なのに待ち時間はほとんどなく検査ができた

 最後の検査種類は自費検査で、これは検査機関によりかなりの幅があるので注意したいところだ。検査結果の判定が「医療機関」や「提携医療機関をもつ検査機関」により確定診断されたものでない限り、あくまでもその結果は可能性に過ぎない。

 よって「医療機関」または「提携医療機関をもつ検査機関」で自費検査するのが望ましいとのことだ。

次ページは : 鉄道ターミナルや乗換駅で実施しているがバス停が最も近い場合も!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

【1月31日発売】バスマガジン117号!!  バス会社潜入レポートは知多乗合と豊鉄バスの2社!! 京急移籍バス特集など情報満載!!

バスマガジン Vol.117は1月31日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材で読者を魅了してやまないバス好きのためのバス総合情報誌だ!! 巻頭の[おじゃまします! バス会社潜入レポート]では、知多乗合と豊鉄バスを特集。