乗りバス派には必須のアイテム。ノイズキャンセリングイヤホンの3つのモードを使い倒す!!

ノイズキャンセリングイヤホンの3つのモードをバスファン的にしゃぶりつくす!

 バスに限らず電車の中でイヤホンを使用して音楽を聴いたり動画を見たり、あるいはゲームを楽しむことも多いだろう。最近ではワイヤレスのノイズキャンセリングイヤホンもだいぶ安くなってきた。普通の使い方とともに、バスファン的な使用方法も紹介しよう。

文:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】ノイズキャンセリングイヤホンは3つのモードを駆使する!


ノイズキャンセリングの方法とは?

 今回使用したのはrealmeブランドの「Buds Air Pro」という、スマホでは有名な中国のOPPOから派生したブランドだ。本稿執筆時点で実売13800円の価格は廉価といえる。ケースにバッテリーが内蔵されており、使用しないときには収納していると本体に自動充電される、今や標準的なスタイルだ。

ノイズキャンセリングイヤホンでは3つのモードを使い倒す!

 さて、ノイズキャンセリングとはどのような方法で実現しているのか簡単に説明すると、耳で聞こえる外部からの音(ノイズ)をイヤホンに付けられたマイクで拾い、その逆位相の音(反対の音と考えればよい)を作り出してイヤホンに送る。

 この外部から直接耳に届く音とイヤホンから流れる逆位相の音を同時に聴くと音が打ち消しあって人間には聞こえなくなる。イヤホンにはスマホから送られてくる音楽などの音と逆位相のノイズが一緒に流れるので、差し引き音楽しか聞こえなくなるという仕組みだ。

「Buds Air Pro」のパッケージ

 この仕組みを理解すると、スマホと接続して音楽を流さなくてもイヤホンだけで「デジタル耳栓」が実現するのはお分かりだろうか。このような仕組みのために両耳のイヤホンにはマイクが必要で、その結果、スマホでの通話インカムとしても使用できる。

バスファンではない“普通の人”の使い方

 本機にはノイズキャンセルモード・標準モード・トランスペアレントモードの3モードが搭載されている。通常の使用方法としては、ノイズキャンセルモードはバスに乗っていても音楽しか聞こえず、特に夜行バスでは快適な乗車ができる。

 そして標準モードではノイズキャンセリング機能がOFFになるので、外部の音も音楽も聞こえる。

タッチボタンでもアプリでも操作可能

 トランスペアレントモードでは、マイクで拾った外部の音を正位相で(そのままの音を増幅して)音楽とともに再送するので、補聴器とまでは言わないが、外部の音を積極的に大きな音で聴くことができる。これは路線バスに乗車中に斜内ナウンスが聞こえるので、乗り過ごし防止に有効だ。

「Buds Air Pro」パッケージの中身

バスファンなら黙ってトランスペアレントモードで!!

 ということで、バスファン的にはこのトランスペアレントモードに注目したい。

 夜行バスでは静かに音楽だけを聴いていてもいいと思うが、昼行バスや路線バスではエンジンやリターダー、排気ブレーキやトランスミッションの音を「聞かなければならない」ので寝ている場合ではない。

バッテリー兼用ケースはコンパクト

 そこでトランスペアレントモードなら、積極的にバスの周囲を包む音を拾って増幅して聞くことができる。かなりマニアックな方であれば「このエンジンは8DC9だな!」(古い?)とかわかるはずで、より一層乗りバスを楽しめるはずだ。

イヤホンに仕込まれているマイクがミゾ!

 現在ではバス車内で大声で話をすることは慎むべきだが、このモードであれば相手の話は拡声されるので大きな声を出さなくても済む。最もこの場合はお互いが持っていなければあまり意味がないが、スマホ接続で静かな環境で音楽を聴くだけではもったいないので、適宜モードを切り替えて楽しいバスライフを送っていただきたい。

【画像ギャラリー】ノイズキャンセリングイヤホンは3つのモードを駆使する!

最新号

ベストカー最新号

【5月27日発売】バスマガジン113号!!  鹿児島交通特集や電気バス一斉デビューほか 充実の楽しいバス情報が満載だ!!

バスマガジン Vol.113は5月27日発売。巻頭では、鹿児島交通を特集。岩崎グループにあって、鹿児島エリアを広くカバーする一般路線バス、鹿児島市内と北薩・南薩・大隅地区を結ぶ都市間バス、鹿児島空港連絡バス、鹿児島と熊本・福岡を結ぶ高速バスなどを掲載!