空港で連節バスに乗れるってホント!? 福岡空港を走るベンツの連絡バスが超便利

福岡空港の国内線・国際線ターミナルを移動する連絡バスにはシターロGも!意外に便利な利用方法とは?

 日本でも有数の過密さを極める福岡空港。昔は3つのターミナルが直線的に並び、第3ターミナルが国際専用だったのが、現在ではすべてが国内線ターミナルとして使用され、国際線ターミナルは国内線とは滑走路を挟んで反対側に新設された。

 そうすると国内線と国際線を結ぶ交通機関が必要になる。その無料連絡バスの一部に連節バスが導入されている。今回は一般ユーザーにも便利な連絡バスのレポートとともに、バス好きにもたまらないベンツ・シターロGの連節バスに迫ろう。

文/写真:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】福岡空港の国内線と国際線ターミナルを結ぶ連絡バスの一部はベンツ・シターロ!


連絡バスの一部はシターロG

 国内線と国際線を結ぶ交通は無料の連絡バスを利用する。概ね15分おきに運行され、全便ではないものの、メルセデスベンツの連接バス、シターロGが使用されている。ターミナル間を移動する連絡バスは大規模空港でターミナルが離れている空港では珍しいことではない。

国内線と国際線を結ぶ連絡バスの一部はシターロG

 例えば成田国際空港では第1ターミナルと第2ターミナルは電車で1駅分離れているので第3ターミナルを含めて連絡バスが運行されている。また第2ターミナルとLCC専用の第3ターミナルの間は徒歩連絡も可能だが、この間専用の直行連絡バスも運行されている。

国内線側には多くの高速バスが発着する

 福岡空港では滑走路の向こう側に行かなければならないので、空港を周回する道路を利用してもよいが、それでは時間がかかる。そこで福岡空港では制限区域内に連絡バス・業務用専用道路を設置してターミナル間を短絡できるようになっている。

ターミナル間連絡なので大きな荷物を考慮して全体の座席数は少ない

 制限区域内の専用道路に入る前にはゲートがあり、バスは一旦停止し運転士がリモコン操作でゲートを開ける。バスは進行してまた一旦停止しリモコン操作でゲートを閉じる。それを出口でもやってターミナル間を移動する。

制限区域内の専用道路に入る

 専用道路内は2車線なので反対向きのバスと離合はできるが、このゲートゲート部分だけは1車線なので後にゲートに到着したバスは行き違いが終わるまで停車して待つ。

専用道路内では2車線

 ゲートを開けるときは手前で停止すればよいが、閉じるときはバスの最後尾が門扉にかかってはまずいので、停止位置目標がありそこまでバスを走らせる。シターロだと連節車なので長いが理屈は同じだ。

運転手の操作でゲートを開閉する

国際線ターミナルの利用方法とは?

 ところで現状では国際線はほとんど発着していないのだが、それでも連絡バスはダイヤ通りに運行されている。もちろん貨物ターミナル等の業務で乗車する職員もいるが、国際線に乗り継がなくても国際線ターミナルに行く必要がある場合がある。

国際線航空機に乗り継がなくても連絡バスの利用価値は十分にある

 それは国際線ターミナル側からしか出発しない高速バスの便があるからだ。国際線ターミナルは博多駅まで近いし、福岡都市高速道路のランプが目の前にあるので、九州自動車道の太宰府インターチェンジへ向かうには便利だ。

国際線側からは国内線への連絡とともに地下鉄との連絡も担う

 福岡市内から北九州方面に向かう高速バスは福岡インターチェンジを利用するが、南側に向かう高速バスは太宰府インターチェンジを利用する。両方のインターチェンジにそれぞれ別の都市高速がつながっているので経路が異なる。

誰もない国際線ターミナルだが各地へ向かう高速バスは発着するので利用者は連絡バスでやってくる

 よって国内線で到着して、国際線から発着する高速バスに乗車するには連絡バスに乗らなければならいのだ。福岡発着の高速バス経路を知っていれば、地下鉄で福岡市内中心部まで行かなくても国際線ターミナルから乗車できる路線もあるので便利な場合もあり、無料連絡バスを活用することができる。

【画像ギャラリー】福岡空港の国内線と国際線ターミナルを結ぶ連絡バスの一部はベンツ・シターロ!

最新号

ベストカー最新号

連節バスも普通に走る京成バス特集 ほか濃密な最新バス情報を満載!! バスマガジン110号

バスマガジン Vol.110は11月27日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材…