JR九州の特急まで乗り放題!? LCC機内のみで販売される格安フリーきっぷがオトクすぎる


 九州に上陸する際に多くの公共交通機関がそろっているため、どの交通機関を利用するか非常に迷う。飛行機会社であるLCCを使った場合、安くて速く移動できるだけでなく、LCCのみで販売されるJR九州のフリーきっぷがゲットできる。きっぷも3種類あり旅の日程に合わせて購入すれば超オトクに!

文/写真:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】LCC機内のみで発売するJR九州のフリーきっぷは特急も乗り放題!(7枚)画像ギャラリー

往復の交通機関ですら競合

 九州に入るためには乗用車は別にして、公共交通機関だと高速バス・新幹線・在来線・長距離フェリー・航空機と利用可能なほぼすべての公共交通機関がそろっている。

 どの事業者も利用してもらうために割引やキャンペーンを実施している。対東京で見た場合もっとも安くて速いのがLCCだ。成田発着という不便さはあるものの、LCCは北九州空港以外のすべての九州島内の空港に路線を持つ。

 ネックになる空港まで(から)の交通機関については、成田空港ならば東京駅からのLCCバスや京成本線沿線ならばそれほど高くはない。

 九州側では福岡空港であれば日本一便利な空港と言われるくらいなので、博多駅や福岡市の中心部である天神へも地下鉄1本で行くことができ、移動にお金がかからない空港だ。

 そのLCCの機内のみで販売しているJR九州のフリーきっぷがある。期間も販売路線も限定なので、搭乗するLCCや路線により購入できるきっぷは異なるがこのフリーきっぷをもとに搭乗路線を決めるのも面白い。

5社共同のフリーきっぷ

 紹介するフリーきっぷは成田空港会社・ジェットスタージャパン・ピーチアビエーション・春秋航空日本・JR九州が共同で発売する機内限定のものだ。発売期間は6月30日まで。路線により発売きっぷが異なる。

ピーチからの夜景

 基本的にフリー区間のJR九州の路線であれば特急・快速・普通列車に乗り放題で、券種によっては指定席にも乗車できる。山陽新幹線と博多南線・福岡市営地下鉄には乗車できない。

 機内で発売されるのは引換券で、指定された駅のJR九州のみどりの窓口で原券に引き換えることにより使用が可能になる。

北九州フリーきっぷ

 発売対象路線はピーチの福岡線のみで、フリー区間は鹿児島本線(門司港〜博多)、山陽本線(下関~門司)で、特急列車は自由席のみ利用可能。

北九州フリーきっぷのフリー区間

 2日間有効で発売額は2500円(おとな・こども同額)。引換駅は小倉駅と博多駅。博多-小倉間を特急列車の自由席に乗車すると片道1910円なので、単純1往復だけでも元が取れるが、2日間有効なので乗りまくれば相当お得だ。この区間は特急列車が多く走っているので不便はない。

由布院・別府フリーきっぷ

 発売対象路線はピーチの福岡線と大分線、春秋航空の佐賀線だ。フリー区間は鹿児島本線(門司港〜久留米)、日豊本線(小倉〜大分)、九大本線(久留米〜大分)という北部九州をループ状にカバーする。

由布院・別府フリーきっぷのフリー区間

 発売額は2日間用が7000円、3日間用が7500円(おとな・こども同額)とこれまたお得。引換指定駅は博多駅、小倉駅、烏栖駅、別府駅、大分駅、由布院駅。この券種は特急指定席にも乗車でき、ゆふいんの森号にも乗車可能だ。

 博多-大分は日豊本線経由でも久大本線経由でも特急自由席で5940円なので3日間用だと温泉に宿泊しながらサークルトリップが可能。

西九州フリーきっぷ

 発売対象路線はピーチの福岡線と長崎線、春秋航空の佐賀線だ。フリー区間は鹿児島本線(博多〜鳥栖)、長崎本線(鳥栖〜長崎)、佐世保線(肥前山口〜佐世保)、大村線(諫早〜早岐)と西九州で広い。

西九州フリーきっぷのフリー区間

 発売額は2日間用が6500円で3日間用が7000円(おとな・こども同額)だ。引換指定駅は博多駅、烏栖駅、佐賀駅、諌早駅、長崎駅、佐世保駅、ハウステンボス駅、大村駅で、特急指定席が利用可能。

 博多-長崎を特急自由席で移動すると5060円だ。ハウステンボスや温泉地を巡りながら福岡も一緒に観光してしまうという手もある。

次ページは : オープンジョーを活用してダイナミックな旅を!

最新号

ベストカー最新号

【5月27日発売】バスマガジン113号!!  鹿児島交通特集や電気バス一斉デビューほか 充実の楽しいバス情報が満載だ!!

バスマガジン Vol.113は5月27日発売。巻頭では、鹿児島交通を特集。岩崎グループにあって、鹿児島エリアを広くカバーする一般路線バス、鹿児島市内と北薩・南薩・大隅地区を結ぶ都市間バス、鹿児島空港連絡バス、鹿児島と熊本・福岡を結ぶ高速バスなどを掲載!