アルファードの倍以上!? バスの全長が衝撃の長さ


 公道を走る自動車の中でバスは極めて大きい部類に入る。それは一目瞭然なのであるが、例えば路線バスを利用する際、その時は乗れさえすれば良いので、わざわざ具体的なサイズを意識する機会はまずない。

 とはいえ、バスをより楽しむ上では、知っておいて損のない情報だ。少し前に高さの話(詳しくはコチラ!)をして、通常のバス車両の全高はどれも3.8m以内に収まると紹介した。では、バスの長さは何メートルあるのだろうか。

文:中山修一
写真:バスマガジン編集部

【画像ギャラリー】短くも長い大きな乗り物 バスの全長は何メートルあるのか(12枚)画像ギャラリー

短い、長い、中くらい、色とりどりなバスの長さ

 バスの全長は、用途や需要によって大きく異なってくる。各バスメーカーも、バス運用者のニーズに応じて様々なバリエーションを用意している。

 例えば、都会を走る利用者が多めのバス路線では、定員を確保するため尺の長い車両が使われる。全長10.5m前後の車両が一般的なようで、更に長い11.1〜11.4mほどのバスが投入されることもある。幅はいずれも2.5mをギリギリ切る程度だ。

大型路線バスの車両では、約10.5mの長さがポピュラー。

 利用者が比較的少なかったり、途中で狭い道を通ったりする路線になると、やや短めの車両がよく割り当てられる。このタイプは9mに届かないくらいの長さで、幅も少し狭く2.3mほどだ。10.5m前後のバスと比べれば、目に見えて短い(小さい)と分かるサイズだ。

 短距離路線やローカル線の場合、特にミニマムなバス車両が活躍の場を得ている。サイズで表すと全長7m未満・幅2.1m未満といったところだ。

 中でもバス向けに設定したワゴン車が最も短く、長さ約5.4mだ。幅も約1.9mと、普通乗用車に近い姿形になる。

 一方で、観光バスや高速バス向けの車両に目を向けると、約11.9mが平均的な長さであるようだ。幅は10.5m前後の路線バス車両とほぼ同じ約2.5m。

 観光バスの形をしていて、極端なほど短く感じるバスを時々見かけるが、そういった車両は、通常の観光バスの長さを切り詰めたモデルとなっていて、幅約2.3~2.5mのバスで長さ6.9m、幅約2.5mの車で長さ8.9mほど。高速バスで使用している路線が一部あるほか、貸切利用でも重宝される。

大型の中型? 区分と呼ばれるバスの“階級”

 バスの車両をサイズでざっくり分けると、ワゴン車とマイクロバスを除けば大抵は大型車の枠組みに入る。その大型車の中で、バスには更に大中小の区分がある。

国土交通省が定める基準では
大型バス:長さ9.0m以上 又は 旅客席数50名以上
中型バス:長さ7.0〜8.99m 又は 旅客席数30〜40名
小型バス:長さ6.99mまで 又は 旅客席数29名以下

となっている。車体幅の言及はないが、国土交通省が発行する、バリアフリー整備ガイドラインに記載の基準値を参考とした場合

大型バス:幅2.5m未満
中型バス:幅2.3m程度
小型バス:幅2.0〜2.1m

のように分けられる。また、ワゴン車とマイクロバスは原則、上の区分には含まれない。

観光・高速タイプの場合、長さは約12mになる。

大中小…実際のスペックは?

 大型・中型・小型・マイクロバス・ワゴン車にそれぞれ位置する代表的なバス車両として、以下の車種がある。

【大型バス】
●路線タイプ
・いすゞエルガ:長さ10,430、11,130mm/幅2,485mm
・三菱ふそうエアロスター:長さ10,250〜11,450mm/幅2,490mm
●観光・高速タイプ
・三菱ふそうエアロクイーン:長さ11,900mm/幅2,490mm
・日野セレガ(標準モデル):長さ11,990mm/幅2,490mm

【中型バス】
●路線タイプ
・いすゞエルガミオ:長さ8,990mm/幅2,300mm

【小型バス】
●路線タイプ
・日野ポンチョ:長さ6,290、6,990mm/幅2,080mm

【マイクロバス、ワゴン車】
・三菱ふそうローザ:長さ6,245〜7,730mm/幅2,010mm
・トヨタハイエース コミューター:長さ5,380mm/幅1,880mm

 同じ車種でも区分が変わる原則外なケースも割とある。上記の三菱ふそうローザの長さ7,730mmモデルは「スーパーロング」と呼ばれ、最大33名まで定員が増やせる。33人乗りの車を運転するには大型免許が必要となり、基準に則れば区分もマイクロバスの枠から外れ中型に変わる。

 また、中型にあたる幅2.3m程度のバス車両のうち、全長を10.5mくらいまで延長したバリエーションが存在する。区分的には大型に変更となるものの、細長さが際立つ特徴的な外見から「中型長尺車」や「中型ロング車」などと呼んで区別を付ける場合がある。

 外見上の大型、車両区分の大型、そして免許区分の大型。同じ大型でも、バスを通せば3種類の意味ができるわけだ。

 もしフルネームで呼ぼうとするなら、大型の大型バス、大型の中型バス、大型の小型バス、あるいは大型バスの大型、みたいな要領だろうか。少々ややこしい……。

 各種バス車両のスペックを見ていくと、約5m〜長いもので12m近くに達すると分かった。とりわけ大型車で大型の区分に入る車の全長「10.5m」にキリの良いイメージがあり、この数値を元に長いバス、短いバスを決める境界に活用できそう。

 もっとも、9mクラスの車両を見慣れていれば10.5mだと長すぎるなど、地域や環境によって見方が変わってくると思うので、あくまで「普通」とはまた別の判断材料止まりではある。

【画像ギャラリー】短くも長い大きな乗り物 バスの全長は何メートルあるのか(12枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

【7月27日発売】バスマガジン114号!!  徳島バスグループ特集やバス免許取得の新制度レポートほか 充実の楽しいバス情報が満載だ!!

バスマガジン Vol.114は7月27日発売。巻頭では徳島バスグループを特集。徳島県全域で乗り合いバスと貸切バスを運行しているほか、エアポートライナー、四国3県、中国、関西、東京方面への高速バス運行と、徳島県内ばかりでなく、遠距離とのアクセスにも必須の存在だ。