無料観光バスに乗れる!? いわき市に泊まって福島の観光を応援しよう


 一般社団法人いわき観光まちづくりビューローは、観光庁の実証事業(福島県沖地震等の風評対策採択)の採択を受け10月より観光周遊バスの実証事業を開始したが、11月6日よりコース内容を一新し2022年1月まで実証運行をする。内容を見てみよう。

文:三条桐葭
編集:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】いわきに泊まって観光周遊バスに無料で乗ろう!(6枚)画像ギャラリー

乗車無料の周遊バスで福島への風評被害をなくせ

 東日本大震災から10年という節目を迎え、風評被害や自然災害における観光イメージ回復を目指し、いわき市内宿泊施設の利用者限定の観光周遊バスを実証運行している。

 東日本大震災以降落ち込んでいるいわき市内の200を超える宿泊施設の需要を喚起する目的で、いわきに宿泊すれば無料で周遊バスに乗車することができる。

いわきMEGURU号

いわきMEGURU号で巡る福島唯一の国宝建造物

 コースは2つあり、いわき市内をバスガイドと巡る「いわきMEGURU号」は新常磐交通が運行し土休日に運転。福島県内で唯一の国宝建造物「国宝白水阿弥陀堂」等の福島県を代表する観光名所をはじめ、昨年開館した震災伝承施設「いわき震災伝承みらい館」にも立ち寄るコースでだ。

車内にて安心コロナお知らせシステムを説明するバスガイド

 また立ち寄り施設に設置されているスタンプを押すと、「いわき・ら・ら・ミュウ」でお買物券と引き換え可能なスタンプラリーや、ネックストラップに入った記念乗車券を立ち寄り施設で見せることで、割引や優待が受けられるといった乗車特典もある。

次ページは : みらいTSUNAGU号で巡る震災伝承施設