夜行高速バスでは何を着て乗る? 数値で検証してみた


 運休や減便していた高速バスも徐々に戻り始め、時間を有効に使える夜行高速バスに乗車する機会もこれからは多くなるのではないだろうか。

 夜行高速バスに乗り慣れたバスファンであればいざ知らず、そうでない方には眠れるかどうかは悩みの種。さまざまな要因があるものの、本稿ではナイトウェアという観点で考えてみたい。

文/写真:古川智規(バスマガジン編集部)
取材協力:ウィラーエクスプレス

【画像ギャラリー】夜行高速バスでは何を着て乗る?数値で検証してみた!(11枚)画像ギャラリー

何を着てバスに乗る?

 夜行高速バスに乗車する際には翌日の行動に合わせた服装で乗車するのが基本だろうか。最近では更衣室並みの化粧室を備えていたり、そもそも個室だったりする場合もあるが、着替えは難しいと考えてなるべく着心地がよく下車後の行動に支障がないものを選ぶだろう。

ウィラーエクスプレスのエアロキングオープントップバス

 まさか高速バスでパジャマというわけにはいかないので、冬の時期であれば車内で上着を脱いだらリラックスできる服になるという工夫はするだろうか。今回記者が試したベネクスが販売するリカバリーウェアは機能性の特殊繊維を全製品に採用しており着るだけで休養が取れるという。

特殊繊維が決め手か?

 今回は夜行高速バスに乗車する機会がなかったので、ウィラーエクスプレスのエアロキングのオープントップバスに乗車して着用してみた。

上下のパッケージ

 繊維にはナノプラチナ等の鉱物を練りこんでおり、これがポイントらしい。もっとも、電子顕微鏡でもないとそれが見えるわけでもないし触ってわかるものでもない。着心地の体感は繊維が詰まっているので風邪をあまり通さず、オープントップバスでも暖かかった。(上はリフレッシュTシャツ長袖を着用)

シリーズによっては大きいサイズもある

 着用シーンによりさまざまなタイプがあるが、どれも下着クラスまたはそれよりも少し厚い程度なので夏ならばそのままで、冬ならば下着代わりに着用することができる。同社によると最も効果的な着用方法は素肌に直接触れるように着用すること、要するに下着のように使用することだということだ。

休養モードにいざなうウェア?

 ラインナップによっては上下そろうものもあるが、肌触りや着心地が異なるので組み合わせてもよい。家でこれを着用してバスに乗車すればそのまま体は休養モードになる。確かに家でもバスでも着用していると眠くなるような気はする。

 ただ、そうはいっても何か比較する材料がないと根拠に乏しい。そこで手持ちのリストバンドで簡易的ではあるが心電図を取りリラックスの度合いを比較してみた。

左がスタンダードドライ。右がリフレッシュ

記者のHRV計測では副交感神経が活発になった

 HRVとはHeart rate variabilityのことで、心拍の変動により自律神経の状態を数値化したものだ。医療機器で計測したわけではないので、あくまでも記者個人の相対的な比較に過ぎないことはお断りしておくが、心拍数と心電図で自律神経系が交感神経(活動モード)にスイッチが入っているのか、副交感神経(休息モード)にスイッチが入っているのかを判断する指標だ。

 記者手持ちのデバイスでは左手首と右人差し指に電極を当てて測定した1点での心電図と心拍数から機械が測定して数値をはじき出す。スコアが高い方が副交感神経が活発で休息モードに入っていると判断できる。

 写真は本品着用前の測定値で、血圧118/77、心拍数76、HRV70になっている。これでもHRVは高い方だと思う。なお測定には約1分を要する。

着用前のデータ

 そして本品を着用してしばらくして計測したのがこの写真だ。血圧114/75、心拍数68、HRV125とハイスコアを記録した。この時点で極端に眠いとか空腹感を覚えるといった副交感神経が活発時に見られる体の欲求は特に感がじられなかったが、心臓と呼吸の活動からはじき出した数値が物語っている。

HRV125をたたき出した着用後の測定

 睡眠時の状態も概ね理想的な状態になっていることから、着用したままの睡眠も上質なものになっているだろう。夜行高速バスでの睡眠に不安な方や、ストレスが多い日常から心身ともに解き放つアイテムとして活用してみてはいかがだろうか。

着用後の睡眠の質は概ね良好だった
【画像ギャラリー】夜行高速バスでは何を着て乗る?数値で検証してみた!(11枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

【7月27日発売】バスマガジン114号!!  徳島バスグループ特集やバス免許取得の新制度レポートほか 充実の楽しいバス情報が満載だ!!

バスマガジン Vol.114は7月27日発売。巻頭では徳島バスグループを特集。徳島県全域で乗り合いバスと貸切バスを運行しているほか、エアポートライナー、四国3県、中国、関西、東京方面への高速バス運行と、徳島県内ばかりでなく、遠距離とのアクセスにも必須の存在だ。