移籍バスの行方を追跡!! 首都圏から日本各地へ旅立ったバスたち【川崎市交通局 編】


 南北に長細い地形を持つ川崎市の大半を営業エリアとする公営企業。工業地、商業地、住宅地、田園エリアと様々な顔を持つため、その利用者のキャラクターによりバスの仕様にもさまざまなバリエーションを見て取れる。現在は全国各地で活躍している移籍車からも、それを読み取れるため面白いラインナップだ。ここで走っていたバスは、北海道から沖縄まで全国に満遍なく移籍している。

執筆・撮影■移籍車調査委員会(立木雅人・今関義高/特記を除く/バスマガジンvol.103より)

【画像ギャラリー】川崎市交通局から移籍したバスたち