[オノエンスターEV・ 7.0] コミュニティ運用クラスの電気バス 2021モデルを試乗チェック!!


 バスの世界でも全国各地でEVがデビューし、稼動している。燃料電池バス、国産・輸入の充電式と、その布陣は着実に拡大中だ。そんな中バスマガジンが当初から追いかけている、“バスづくりの新勢力企業”のひとつ、オノエンジニアリングの1台を紹介する。

 それは本誌vol.100でそのデビュー試乗記を掲載した、オノエンスターEV 7.0。コミュニティユースに適したEVだが、その走りっぷりには驚愕の性能を見せた。それから1年、各種装備に見直しや追加が施され、2021年モデルとしてブラッシュアップされた オノエンスターEV 7.0 がほぼ完成系の状態で登場、すでに事業者での実稼動も開始している。

文/近田茂 取材協力/オノエンジニアリング

【画像ギャラリー】走りの良さ、スムーズさはもちろん秀逸。利用者目線の装備が満載


EVバスがみるみるブラッシュアップされて魅力アップ!!  

速度が早めの広い道路でも、ストレスの無い走りを見せる。EVパワーはやはり凄い

 数多くの情報提供に事欠かない「オノエンスター」。これまではお馴染みのオノエンジニアリングが国内導入を担ってきたが、2021年3月からは新たに発足した株式会社アジアスターモーターコーチ(通称:アジアスタージャパン)が同ブランドの日本総代理店として販売とサービスを担当する。

 今後の展開に備え、さらなる顧客サービス向上と販売力拡充を目指して立ち上げられたわけだが、記念すべき第1号を飾る新製品が今回取材したオノエンスターEV7.0の2021年モデルだ。

 同車は1年ほど前に初輸入されて以降、主に国内のコミュニティーバス需要に応える逸材として注目されている。

 日野ポンチョのロングボディ車に相当する車体サイズは、幅がそれよりも120㎜ワイドでゆとりのある室内環境を提供している点と、観光バスと同タイプの優美なフロントマスクを備えているのが印象深い。今回は客席12+3座席+運転席、そして立ち席13名をプラスした29人乗り仕様で導入された。

 先に簡単にその特徴を紹介しておくと、日本向けオリジナルサイズの全長7.0mで専用生産された車体に、スライド式の大きな2枚ドアを持ち、前扉フロア下には簡単に引き出せるスロープ板も組み込まれている。

取材車は29人乗りの設定。正席12、跳ね上げ席3の15人が着座できる

 車内のフラットスペースも広く、折り畳み式横向き3座の優先席も余裕があり、巻き取り式固定具も含め、車椅子利用の乗客にも優しい設計がなされている。バッテリーは車体後部に積まれているのでリヤウインドーは無いが、実に合理的でスッキリと快適な室内スペースが構築されている。

 搭載バッテリーはリチウムイオンで定格電圧は550.6V。容量は173Ahで170kWのモーターを駆動し、自走搬送時も考慮して最高速度は時速80㎞に設定。航続距離は渋滞した都内市街地の実用走行データで200㎞をマーク。一般的な路線運行は十分に賄うことが可能であることも実証済みだ。

 キーONするとコントローラーへの通電音か地下鉄でも耳慣れた音が聴こえてくるが、至って静かな走行騒音も魅力的。もちろん運転は2ペダル。運転席パネルにあるDボタンを押せば、あとはアクセルとブレーキ操作のみ。ドライバーにとっても楽に運行できるメリットは大きい。

細かなニーズにいちいち対応。洗練度を増して装備も充実!!

オノエンジニアリング仕様として、メーターパネル中央にあるマルチモニターには、オープニング画面として[ONOEN STAR]のロゴが映る

 さて、「基本は昨年モデルと同じです」と事前レクチャーを受けての試乗だったが、ひと目見た時からどこか違った印象を覚えた。細かいところまで行き届いた綺麗な処理の数々に目がとまったからだ。

 前モデルの記憶を呼び覚ますと、細部の造りや仕上げに粗雑な部分が目についたはずだが、新型は明らかに洗練されていた。聞けば本国工場では、日本に輸出される製品であることが注意書きとして明示された上で、生産ラインを流れて来るという。

 クルマに限った話ではないが、世界的に見ても日本は品質面に特別厳しい目を持つ特殊な市場であることが、しっかりと認識されてきており、生産を担うスタッフも丁寧な作業に取り組む姿勢が顕著になって来たらしい。室内に乗り込んで感じられた好印象もそうした仕上げの良さからもたらされた。

 各種装備面も実に充実。たとえば固めのクッションながら、座り心地の良いオシャレなクロスデザインのシートは全て独立タイプ。しかも座面下にはUSBソケットを標準装備。乗車時にスマホの充電が賄えるとはとてもありがたい。

今回は事業者導入前の車両ということで、ペイントもラッピングも無しの白ボディだった。広い窓が黒っぽいので、精悍な印象だ

 車外にいてバス待ちしている時や狭い路地を歩行中は、優しい音色のアラーム音(チャイム)がバスの接近を車外に知らせてくれる。これは時速20㎞以下で走行中は、56デシベルのアラームを車外に鳴らすABALシステムが新搭載されたためだ。

 一方、ドライバー目線で運転席に座ると、GRAMMER社製エアーサスペンションシートは、相変わらず座り心地が良い。シートベルトが組み込まれたハイバックタイプのレザーシートで、シートヒーターも装備。プロの職場に相応しい、まさに歓迎すべき要素がここに表現されている。

 また通常のバックミラーのほかに、左右前ピラー内側には縦に長い長方形のディスプレイモニターが設備され、車体に取り付けられたモニターカメラ4個分の画像を映し出してくれている。車体周囲の安全確認がしやすくレベルはかなりのアップだ。

 ダッシュパネル中央のモニターには、後方はもちろん俯瞰画像のアラウンドビューモニターも装備され、狭い路地や車庫入れなど精密な運転時にも安心感が高められていた。

 コロナ禍もあって導入に遅れが生じたが、今年は地方公共団体など、新たな納入先も決定。この新仕様車が順次輸入されるという。今はEV導入には優遇税制の適応もあるだけに、EVバスの普及はジワジワと、確実に広がっているのである。

【画像ギャラリー】走りの良さ、スムーズさはもちろん秀逸。利用者目線の装備が満載