ニンニンッ! 伊賀忍者の里を目指す「伊賀ライナー」はバスの離合にも魅力あり


 古き良き、高速バスが百花繚乱だった時代のルートや車両をアーカイブ記事として紹介するこのコーナー。今回は有名な忍者の里・伊賀と京都を結んでいたバスだ。

 三重交通は細長い(南北180キロ)県内全体と、三大都市のひとつ名古屋に営業エリアを持ち、エリア内と名古屋への長距離バスは古くから運行を続けてきた。

 1980年代後半から夜行中心に関東への長距離路線の運行を開始し、現在でもほぼ変わらなく盛況である。そして関西へは昼行路線を、広いエリア内の各所から運行している。

●車両データ
伊賀ライナー(三重交通)
京都―上野車庫 伊賀京都高速線

執筆・写真■石川正臣
※2020年3月発売「バスマガジンvol.100」より
高速バスアーカイブ第16弾

【画像ギャラリー】京の街と忍者の里を結ぶ「伊賀ライナー」。そのルートは歴史をたどっていた


三重交通の“緑イメージ”はすでになくイエローボディに!?

車体にも伊賀ライナーの文字が記されている

 1988年、忍者の町・伊賀から名古屋へと早くも運行開始し、東京へは1989年に、大阪へは2005年から運行を始めている。そして今回紹介する国際観光都市・京都へも2016年から運行開始した。

 記者が乗車したのは2017年9月のこと。2018年9月に運行が停止されたためすでに乗車はかなわなくなってしまったが、今回はこの京都から伊賀・上野車庫までのルートをたどる。

 京都からの乗り場は同じ三重交通が運行する、中部国際空港便や津、四日市方面の共同運行する京阪バスの八条口だ。

 朝の京都駅八条口は夜行の到着、次いで大阪などへの通勤通学用高速路線、直Qバスの発着など、目まぐるしくバスが行き来する。そんな中に囲まれて目的の伊賀ライナーがやって来た。

上野市駅踏切で京都行き伊賀ライナーとすれ違う

 三重交通のバスは歴代と変わらずダークグリーンの外観だが、観光車や高速車はグリーンのイメージは踏襲するものの、ちょくちょく変化し、やって来た車両も黄色に近い黄緑色のいすゞガーラだった。

 京都駅を発車すると北上し五条大橋を渡る。鴨川の流れは静かで穏やか。京阪五条でも乗車客があり、乗客の半数が外国人客。清水寺の最寄り駅でもあることから、ここでも乗車できるようにしたと思われる。

時代は盛況路線の三大都市圏ルートが主流になってしまった

いよいよ忍者の里、伊賀上野に進入する

 京都東インターから高速道路に入り、なだらかな起伏のある三車線の名神高速道を東へ。新名神高速道に入ると“たぬきの町”信楽。そこを過ぎれば甲南インターだ。ここで高速を降りる。

 一般路をしばらく走ると三重県入りして「道の駅あまや」で停車。降車する人はない。さらに県道をしばらく走るが、カーブの多い狭い道幅を粛々と走る。大型車が数多くすれ違い、交通量はかなり多い。

 そして再び高速道路へ進入する。短い時間だが名阪自動車道で左車線を走行。伊賀ライナーは、右側車線を時速100㎞近い速度で追い抜いていく急ぐクルマに道を譲る。

終点で降車すると、この時新登場の新塗装車が着車していた

 名阪自動車道を下りれば伊賀市。上野の町に入り込む。上野駅で多くが降車し、京都からの外国人客も降車する。バスは鍵屋の辻交差点前の上野車庫が終点となる。その傍らにすっかりおなじみになった名古屋行きの高速バスが発車していった。

 この時点ではもうおなじみではあるが、登場直後の新塗装車。この黄緑色の車両もすでに思い出となり、以前は営業所だったこのポイントも今では折り返し所となり、やはり思い出の場所となった。

 三大都市圏の盛況路線の陰で伊賀ライナーは2018年9月、静かに路線運行をとりやめた。

※編集部注:2021年現在、名古屋~伊賀を結ぶ[伊賀忍者ライナー]は運行継続中です。

【画像ギャラリー】京の街と忍者の里を結ぶ「伊賀ライナー」。そのルートは歴史をたどっていた