これがわかればあなたもバス通!! 窓が開閉できる高速バスにはある秘密が!?


 高速バスや貸切バスには、窓が開くものと開かないものがある。見た目のエレガントさなどはともかくとして、実は明確なルールがあるのだ。

 昨今は換気の必要性が叫ばれているだけに、窓の開閉についての関心は高いはずだ。そこで窓の開閉ルールについて再確認した。

文/写真:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】高速バスや貸切バスで窓が開くものと開かないものがあるワケ(6枚)画像ギャラリー

見た目は開かないほうがカッコいい?

 スラっとした高速バスや貸切バスの側面の窓は、開かないほうが見た目にもエレガントで恰好が良い。ただし昨今の世情では換気の必要性から窓は開いたほうが良いと考える人も多い。

 これについては別の議論になるので詳細は省くが、窓が開かなくてもバスのエアコンは強力なので十分な換気能力があり、5分ほどで車内の空気が換気される。

 街を走るバスを眺めていると、高速バスに限れば長距離バスや夜行バスは窓が開かない仕様が多いように感じる。また貸切バスは高級そうな仕様ほど窓が開かないようだ。ルールとは異なるが、この見分けはある意味で正しい。

補助性のある高速バスは窓が開く

 結論を先に述べるとルールとしては、補助席の有無で開閉する窓の設置義務が分かれる。よって長距離や夜行仕様の高速バスや、高級仕様の貸切バスには補助席がないことから、窓が開かないバスが多いのは厳密ではないが概ね正解と言える。

すべては安全のため

 バスには乗降ドアの他に非常口を設置しなければ、日本の道路では走れない。外国製の連節車のように非常口がない代わりに、窓ガラス破壊用のハンマーを設置することで、非常口に代えることが認められた例はあるものの、基本的には複数の脱出口がある。

 しかし補助席が設置され実際に使用されている状態のバスには通路がない。事故発生時に脱出するのに乗降口や非常口に行こうにも通路がなければ不可能だ。

メルセデスベンチ・シターロG(連節車)には非常口がないため窓ガラスを破るハンマーがある

 手順としては、まず補助席に着座している「全員」が補助席をたたみ通路を確保したうえで脱出。そのあとに正座席の人が確保された通路を通って脱出という方法をとる。

 補助席の人がまごついたりパニックに陥るなどして、補助席をたたまずに前の座席を飛び越えて脱出してしまうと、正座席の人が脱出困難になる。よって開く窓を設置することを義務付けて、容易にどこからでも脱出できるように決められている。

スーパーハイデッカーには専用の脱出口が!

 床の位置が高いハイデッカー車やスーパーハイデッカー車は、当然窓から地面までかなりの高さがあるため、開閉可能な窓から脱出できる人は限られてしまう。梯子などを備えた専用の脱出口から出るのがベストなのだが、状況判断が必要になるだろう。

 バスとは異なるが、例えば旅客機が緊急に着陸した際に緊急脱出の可能性があれば、通常は着陸して滑走路から離脱するとたたんでしまう低速度でも揚力を保つことができる翼の高揚力装置(フラップ)をいっぱいに展開したままにしておく。

着陸のためのフラップをいっぱいに展開した航空機

 これは窓から脱出が必要になった際に、翼から地上に飛び降りることになるが、フラップをすべり台のように使用して高所からの脱出において負傷を少なくするためだ。翼の上に搭乗する際には離着陸時に翼の後ろ側が滑り台のように見えるほど広がっているのでご覧いただきたい。

費用面では開かないほうが安い!

 バスの話に戻るが、費用面では窓が開かないほうが安い。開閉サッシを設置する必要がなく、そのまま窓ガラス1枚を貼り付ければいいからだ。

 見た目もエレガントで費用も安いなら開かない窓が良いように思えるが、それでも窓が開くバスが存在するのは安全上の理由からである。もっとも補助席がないバスでも開く窓を設置する選択をすることは可能だが、これは事業者の判断による。

 バスを見かけた際に窓が開かない車両であれば「補助席がないんだなぁ」と判断していただければ、あなたも立派なバスマニアだ。

【画像ギャラリー】高速バスや貸切バスで窓が開くものと開かないものがあるワケ(6枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

【7月27日発売】バスマガジン114号!!  徳島バスグループ特集やバス免許取得の新制度レポートほか 充実の楽しいバス情報が満載だ!!

バスマガジン Vol.114は7月27日発売。巻頭では徳島バスグループを特集。徳島県全域で乗り合いバスと貸切バスを運行しているほか、エアポートライナー、四国3県、中国、関西、東京方面への高速バス運行と、徳島県内ばかりでなく、遠距離とのアクセスにも必須の存在だ。