おじゃまします! バス会社潜入レポート 小田急バス編【その3】

おじゃまします! バス会社潜入レポート 小田急バス編【その3】

 ひとつのバス事業者を掘り下げて紹介する、バスマガジンの名物コーナー。今回は2019年に遡って、9月発売号で掲載した、小田急バス編を振り返って紹介する。
(記事の内容は、2019年9月現在のものです)

 路線車では約70%がいすゞ車というラインナップだが、高速・貸切車では三菱ふそう車と日野車が中心となっている。2010年から積極的にAT車を導入、同時期からハイブリッド車の導入も始まっている。
 この回では、保有車両の特徴を紹介する。

構成・執筆・写真/加藤佳一(B.J.エディターズ)
写真協力/(K)柏田芳敬、(H)編集部
※2019年9月発売「バスマガジンVol.97」より

【画像ギャラリー】小田急バスの所有するバスの詳細と「渋26」系統で楽しむ世田谷通り途中下車の旅を見る!


■一般路線車はいすゞ製が主力 2010年にAT仕様を採用

●所有車両
カラーリング/車内

●一般路線バス(ラッシュ型)
三菱ふそう 2PG-MP38FK ■A6111/多摩200か3410/吉祥寺営業所/一般路線

一般路線バスのカラーは1953年から採用。白は忠実・清潔、赤は情熱・誠心、赤の中に流れる3本の白線は情熱のうちにも常に理性があるべきことを意味している

 小田急バスと小田急シティバスを合わせた2019年7月31日現在の保有車両数は、乗合592台(高速車37台含む)、貸切19台、特定11台、計622台である。

 メーカー別には、いすゞ429台、三菱ふそう119台、日野73台、トヨタ1台の順。全体の7割を占めるいすゞ製が一般路線車の主力であるが、高速車・貸切車は三菱製と日野製が中心となっている。

 一般路線車はノンステップバスに統一。06年から順次、吉祥寺・若林・武蔵境・狛江ではステップアップ部分にも1人掛けシートを配したラッシュ型が採用されるようになった。

 大型車はすべて短尺タイプを選択。三菱製は10年、いすゞ製は11年後期からATとなった。中型車は11年からAT、16年後期からAMTとなっている。また10~11年に日野製のハイブリッドノンステップバスを導入。13年にはいすゞ製も加わっている。

●高速バス(空港)
日野 2TG-RU1ASDA ■F1030/多摩230あ1030/町田営業所/高速

2000年に小田急バスが開業した空港連絡路線、2008年に小田急シティバスが開業した都市間昼行路線には、小田急グループ共通の貸切カラーを採用。ただし犬のレリーフがついているのはこの2社だけである。また空港連絡バスには“ODAKYU LIMOUSINE”の英字があしらわれている

 コミュニティバスには日野リエッセと三菱エアミディMEが使用されてきたが、現在は日野ポンチョロングにほぼ置き換えられている。またポンチョロングは狭隘・閑散路線にも運用されている。

 一般路線車の社番は営業所記号(A:吉祥寺、B:若林、C:武蔵境、D:狛江、E:登戸、F:町田)と4桁の数字の組み合わせを基本とし、千位が車型を表している。

 ハイブリッド車、小型車、12年前期以前の中型車は数字が3桁で、百位が車型を表している。また車体表記では、年式の西暦下2桁の数字を冠するようになった。

■一日10往復の「渋26」系統で楽しむ 世田谷通り途中下車の旅

世田谷通り途中下車の旅は画像ギャラリーで!!

 渋谷駅~狛江駅北口~調布駅南口を結ぶ「渋26」系統は、全長約17㎞、所要1時間30分という長距離路線。途中の世田谷通り沿線には、小さなミュージアムや公園が点在している。全線乗り通しても均一220円だが、520円のお得なIC一日フリーパスを使用して、途中下車の旅を楽んでみる。

 「渋26」は一日10往復。平日の日中には走らないので、出かけるなら日中ほぼ1時間おきに走る土日祝日がオススメ。

 今回は土曜の10時50分に渋谷駅を出発。世田谷区立郷土資料館、「食と農」の博物館、次太夫堀公園民家園を見学した。なお、渋谷駅~東宝前間には「渋24」、砧中学校下~調布駅南口間には「玉08」が頻繁に走っているので、平日にはこれらを乗り継いで旅しよう。画像ギャラリーでその旅を紹介する。

おじゃまします! バス会社潜入レポート 小田急バス編【その2】

【画像ギャラリー】小田急バスの所有するバスの詳細と「渋26」系統で楽しむ世田谷通り途中下車の旅を見る!

最新号

ベストカー最新号

山口県周防地方の全域と長門地方の東部で路線バスを運行する防長交通を特集!! |バスマガジン108号

 バスマガジン Vol.108は7月30日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材…