名古屋ならばここに行け!冬でも飲めるビアガーデンと撮りバス


 名古屋の方には当たり前すぎて申し訳ないが「名古屋に行くならここへ行け」という、観光でもなく名古屋メシでもない、記者が名古屋出張時には必ず行くおススメの場所を紹介する。またバスマガジン記者らしく? 名古屋市内で撮りバスも敢行したので画像ギャラリーでご覧いただきたい。

文/写真:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】名古屋の栄で撮りバス!(5枚)画像ギャラリー

東名高速線ではなく新幹線?

 バスマガジンの記者ならば東名高速線(東名ハイウェイバス)で行けよと言われそうだが、出張なのでそんなに時間は掛けていられない。かといって大急ぎでもないので、程よく早めに出発すれば十分なJR東海ツアーズの「ぷらっとこだま」を利用した。

 これは割引乗車券ではなく、純然たる「主催旅行」つまり、添乗員なしのお一人様ツアーである。指定された「こだま号」のみが利用でき、乗り遅れは無効。新幹線特急券のような、当日中に発車する自由席なら乗車可のような救済もない。

ぷらっとこだまクーポン券

 指定された区間しか利用できず(東京・品川はクーポン券面にかかわらずどちらでも乗降可)、途中下車も途中乗車もできないという厳しい制約がある。発売個所はJR東海ツアーズかJTBのみ。

 しかし魅力はその安さだ。こだま号しか利用できないが激安で、しかもドリンククーポンが付いてくるので新幹線駅の売店でビールでもソフトドリンクでも好きなものと交換できる。こだま号には車内販売はないので、駅で引き換えておく必要があるが、駅弁を買ってもお茶代が無料になると思えばさらにお得だ。

グリーン車はプラス1000円

 もう一つのポイントはグリーン車プランだ。大型連休ではぷらっとこだまの普通車指定席枠は満席が多く出ていたが、グリーン車は選び放題だった。しかしグリーン車はちとぜい沢では?とお思いの方はご安心を。普通車プランに概ね1000円プラスするだけでグリーン車に乗れる。

東京駅までは都営バスで!

 東海道新幹線に乗車するのにJR東日本の在来線を利用するのはごく自然だが、ぷらっとこだまは普通乗車券の東京都区内発ではなく東京駅発なので別途東京までの運賃が必要。

 また東京駅までの乗車券を持っていなければ乗り換え改札口は通れないので一度在来線の改札を出る必要がある。であれば条件が合えば外から東京駅にアプローチした方がスムーズ。

東22系統

 記者はいつも都営バス「東22」系統で呉服橋で下車する。呉服橋は東京駅日本橋口の目の前にバス停があるので、東海道新幹線の日本橋口改札は目と鼻の先。ちょうどホームの16号車のところに上がってくる形だ。

呉服橋は東京駅日本橋口

 有人改札でクーポンを提示して改札を受け、指定されたこだま号の発車時刻までホームで待つ。この間に駅弁を購入したり、ドリンククーポンを飲み物と引き換えたりとやることはある。

 指定されたこだま号に乗車すれば名古屋までは約2時間30分、寝るなり写真を撮るなり駅弁を食べるなりゆったりとしたグリーン車の旅を楽しむだけだ。

東海道線幹線は列車種別に関係なくN700系

 なお、のぞみ号やひかり号の通過待ちのために長時間停車する駅をあらかじめ調べておけば、車内販売はないが駅の売店や自販機を利用することはできる。その駅ならではの駅弁を狙えるのもこだま号の特権だ。

目的地は栄

 名古屋での目的地は歓楽街の栄にある三越屋上のビアガーデン「マイアミ」である。ビアガーデンなど夏になれば日本全国どこにでもあり珍しくもなんともない。もちろん夏ならばそうだ。しかしここでは、ほぼ年中営業している。

※ビアガーデン「マイアミ」は2022年4月1日~10月31日まで営業予定(過去には冬季も営業を実施していた事もございます。2019年度は冬営業を行っていた経緯もございます)。2022年度の営業時間は 平日16時-22時30 土・日・祝12時-22時30分(5月より、無休営業)

ビアガーデン「マイアミ」

 ビールや各種アルコール、ノンアルからソフトドリンクまで各種そろえられているのは大規模なビアガーデンであれば同様だが、ここは国内メーカー全社の生ビールサーバーがあり、好きな銘柄を好きなだけ飲める。

 この時期は飲み放題で焼肉その他全部が食べ放題。冬はどうなるのかというと、焼き肉が鍋料理になるというおどろきのシステムだ(※冬営業は鍋も実施していた経緯もございます)。

国内全社の銘柄が好きなだけ飲める

 もう一つの「システム」は、アイドルの存在だ。マイアミなのでマイちゃんとアミちゃんというビアガーデンだけのアイドルがいてスケジュールは決まっているものの、常設ステージでライブが行われる。

 入場してしまえばステージ観覧は自由だ。よって、いわゆるドルヲタさんもいてなかなか楽しい。ライブ後は各テーブルを回ってきてお話をしたり、写真撮影したり、「ついでに」CDを売りにくるので気に入ったら購入してもいいだろう(※CDの販売はありませんが、写真撮影は可能です。正しチェキ購入のお客様のみ対応。現在、コロナ禍の為、各テーブルを回っておりません)。

 マイちゃんとアミちゃんは毎年変わるので、前年以前の担当はOGとなり決められたスケジュールでOGが登場するライブもあるという徹底ぶりだ(※現在OG等の出演はございません)。

マイアミHP http://www.mai-ami.jp/

次ページは : 名古屋の地下は怖い?

最新号

ベストカー最新号

【3月29日発売】バスマガジン112号!! 名阪近鉄バス特集ほか 濃くて楽しいバスの話題と情報が満載だ!!

バスマガジン112号は路線も貸切も超充実の布陣!! 名阪近鉄バス特集ほか、[自衛隊東京大規模接種 センター シャトルバス 運行35台の記録]、スマートバス停のメーカー直撃取材レポートなど、濃くて楽しいバスの話題と情報が満載です!!