車齢43年の超希少バスにたくさん乗れる!! 沖縄バスのMP117Kが7月30日に終日特別運行実施へ

沖縄バスが動態保存車「1064号車」を7月30日に終日特別運行!MP117K乗車のチャンス

 沖縄バスでは、沖縄県の交通方法が右側通行から左側通行に変更された「ナナサンマル」から43周年を迎えるにあたり、1978年(昭和53年)7月30日から今日まで現役で走り続けているレトロなバス「1064号車」の特別運行を行う。

 生憎のコロナ禍で移動の自由が制限されている人も多い時期だが、ぜひ沖縄在住のバス好きの方はナナサンマルの乗りバスを楽しんでほしい。

文:古川智規(バスマガジン編集部)
画像出典:沖縄バス発出プレスリリース・公式FB

【画像ギャラリー】沖縄バスのナナサンマル車1064号車が7月30日に終日特別運行!


「ナナサンマル」とはいったい?

 戦後、沖縄県が米国に占領されて日本から切り離されたときに、米国は沖縄に軍政をしいてすべてを米国式に改めた。よって通貨は米ドルに、車道の通行方法も車は右側通行になった。

 日本で左ハンドルの乗用車に乗ってもそれほど不便は感じないのだが、バスはそうはいかない。右側通行では運転席は左に、ドアは右にないと乗降できないからである。

昭和53年式MP117K

 沖縄が日本復帰後6年目の1978年にようやく本土と同じ左側通行に合わせることになり、同年7月30日の実施に向けてさまざまな準備が行われた。この周知徹底キャンペーンを実施日を取って「ナナサンマル」と呼んだ。

米軍政下時代のバスは左ハンドル

 この時にまた困ったのがバスである。米国時代の左ハンドル右ドアでは左側通行に対応できないからである。

 そこで大量の右ハンドルのバスを導入するにあたり国庫負担や補助、財政投融資(当時の郵便貯金を財源とした国家的事業への投資・融資制度)を活用して新車・中古車または既存の左ハンドルバスの改造を行い対処した。

三菱ふそうのエンブレムが旧型なのが逆に新鮮!

 新車を導入するにしても各バス会社がメーカーに無秩序に発注すると効率が悪いために、導入車両のメーカーが取り決められ、沖縄バスでは三菱ふそう製と決められた。同社の1064号車は同社では唯一の生き残り車両で、特別な整備が施され動態保存が決定し現在に至るまで活躍中である。

昔のバスはエンジンカバーの網が大きかった!

 1064号車の登録番号は「沖22か1064」。型式はMP117Kで、ボデーは呉羽製。当時は三菱、呉羽以外にも西日本車体工業、富士重工などのコーチビルダーが同型式にボデーを架装した。

運行路線とダイヤは?

 運行日は2021年7月30日(金)。運行路線は、系統47番 てだこ線、系統87番 赤嶺てだこ線でダイヤは次の通り。

【系統47番/てだこ線】 ・(下り)那覇BT発⇒経塚方面行き・6:53発、11:15発、13:27発、17:34発 ・(上り)沖縄療育園発⇒那覇BT方面行き・10:00発、16:20発、20:30発

【系統87番/赤嶺てだこ線】 ・(下り)赤嶺駅前広場発⇒経塚方面行き・9:00発、15:20発、19:40発 ・(上り)沖縄療育園発⇒赤嶺駅前広場方面行き・7:30発、11:53発、14:10発、18:25発

外観からも大切に整備されているのがよくわかる

 なお経年著しい車両なので、コンディションによっては変更、または中止となる場合がある。同社では、確実に乗車したい場合は運行当日に「那覇営業所」まで問い合わせてほしいとのこと。(沖縄バス那覇営業所 電話098-861-0385)

バスマガジンVol108は発売日が変更になりました! 最新号は7月30日(金)発売です! ぜひ書店等でお買い求めください!

【画像ギャラリー】沖縄バスのナナサンマル車1064号車が7月30日に終日特別運行!

最新号

ベストカー最新号

山口県周防地方の全域と長門地方の東部で路線バスを運行する防長交通を特集!! |バスマガジン108号

 バスマガジン Vol.108は7月30日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材…