バスの接近にも気づかない……「歩きスマホはやめろ!!」


 2021年11月1日(月)から全国の鉄道事業者51社局をはじめ、移動体通信事業者等との共同で「やめましょう、歩きスマホ。」キャンペーンを実施する。本キャンペーンは鉄道向けのものだが、道路上を歩行する際の歩きスマホもバスにとっては危険なので内容を紹介する。

文:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】「やめましょう、歩きスマホ。」キャンペーンポスターバスターミナルイメージギャラリー(5枚)画像ギャラリー

鉄道向けのキャンペーンだがバスでも大切なこと

 前述のように鉄道事業者が中心になり、駅施設内等における携帯電話・スマートフォンの「ながら歩き」による乗客同士の衝突や線路への転落等の事故を防止するためのキャンペーンだ。期間は11月1日から30日まで。

横型ポスター

 社局により実施内容は一部異なるものの、概ね駅構内および車内ポスターの掲出、車内ディスプレイ広告の掲載等により実施する。ポスターの図柄は黄色の警戒色に「目の前の人をよけるより、大事なことってなんですか?」のキャッチに多言語で歩きスマホをやめるように喚起している。

ターミナルはホームが整備されているが往来も多いので注意しよう!(錦糸町駅前・記者撮影)

多言語のニュアンスが興味深い!

 多言語で書かれてある注意喚起の文言が微妙に違うのが面白い。日本語では「やめましょう、歩きスマホ。」だが、英語では「歩きながらのテキストメッセージはやめましょう」というニュアンス。海外ではメールやLINEではなくSMS(ショートメッセージサービス)が多用されていることの反映なのか。

縦型ポスター

 繁体字中国語では「歩くことに集中し、下を向かないでください。」というニュアンスだろうか。一方同じ中国語でも簡体字では「歩きながら携帯電話を使用しないでください。」というニュアンスで日本語のメッセージに近い。

 ハングルでは「歩きながらスマートフォンを使用すると危険。」というニュアンスになっている。お国柄や地域柄または言語的特徴を反映させたキャッチで興味深い。

次ページは : バス停でも車内でも注意しよう!

最新号

ベストカー最新号

連節バスも普通に走る京成バス特集 ほか濃密な最新バス情報を満載!! バスマガジン110号

バスマガジン Vol.110は11月27日発売!! 美しい写真と詳細なデータ、大胆な企画と緻密な取材…