EVバス、バッテリーか自家発電か!?燃料電池バスの海外事情にみるアイデアとは?【動画あり】

【動画あり】バッテリーか自家発電か!燃料電池バスの海外事情にみるアイデアとは?

 バスの世界でもEV(電気車)化が世界的に進んでいるが、水素車(燃料電池車)は日本が一歩進んでいる感がある。トヨタ自動車のSORAは都営バスや東京BRT(京成バスが運行)をはじめ各地で運行が開始され、量産車としての地位を確立しつつある。

 一方、外国のバスメーカーもバッテリーを充電して走る電気車か、自ら発電を行いながら走る水素車かの判断をし始めているようだ。そんな海外の事情をオランダのVDL Bus&Coachの事例から紹介する。

文:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】VDLの燃料電池モジュールを連結させるアイデア


水素の未来

 VDLと聞いてピンとくる方は多くないと思われるが、日本ではかつて多く走っていたヨンケーレと言えば懐かしさを覚えるバスファンも多いはず。そのヨンケーレは現在はVDLグループの一員だ。同社の電動バスについての考え方を紹介しよう。

バッテリーか自家発電か!燃料電池バスの海外事情にみるアイデアとは?
燃料電池モジュールをバッテリー車に連結してしまうアイデア

 電気公共交通機関への移行において、現状は電気バスの大部分はバッテリーで駆動されている。電気駆動の別の形態としては、水素の使用を伴う燃料電池車である。

 水素自動車は燃料電池を使い、自家発電する電気自動車のことで、バッテリー駆動のバスは今日の道路ではすでに見慣れた光景になっている。(記者注:欧州においてはかなり普及している)

 世界的には水素駆動のバスはかなりまれな存在でる。しかし近い将来、電池式バスと水素バスが並行して運行されることが予想される。将来的には、バッテリー駆動車は主に小型車や特定の地域で使用されることになるだろう。水素車は長距離を移動する必要のある大型車両に適している。

バッテリーか自家発電か!燃料電池バスの海外事情にみるアイデアとは?
電気車に連結するだけで燃料電池車の完成!

 VDL Bus&Coachは電気自動車の未来を形成するため、この形式の電気輸送の開発に全面的に取り組んでいる。モジュールを追加することにより、標準サイズの任意の車両に連結することができる。

 水素を動力源とする車両には、水素タンクと燃料電池が必要で、水素は空気中の酸素を利用して、水の電気分解の逆の化学的プロセスにより電気に変換される。

 この電気はモーターに供給される。このシステムでは水(水蒸気)が唯一の副産物になる。これにより排ガスを出さず低炭素社会に貢献する。

充電式の電気車が普及しているからこそのアイデア

 同社では長距離を走るバスにはバッテリーに充電して走る電気車よりも、水素さえ積めば自家発電しながら走る燃料電池車の方が向いていると考えているようだ。

 その解決策として燃料電池モジュールを別建てで製造し、従来からあるバッテリー駆動の電気車に連結して燃料電池車にしようというアイデアである。日本ではなかなか思い浮かばない発想ではないだろうか。

バッテリーか自家発電か!燃料電池バスの海外事情にみるアイデアとは?
充電方式のCitea SLF

 日本では充電システムを細かく設置しなくてはならいために電気バスの普及はインフラ整備の進捗具合に左右される。

 すでに電気バスが普及している欧州ではバスレーンに充電用の架線があり、天井からパンタグラフを出して充電するシステムが確立されているので、市内路線バスであればトロリーバスよりも柔軟な路線設定により大量のバスによる低公害で静かな運行が可能だ。

バッテリーか自家発電か!燃料電池バスの海外事情にみるアイデアとは?
現在はバッテリーへはパンタグラフを上げて充電する

 しかし都市間高速バスとなるとバッテリー容量と充電時間の問題が出てくるために、将来的には燃料電池車という選択になるのだろう。もちろん水素ステーションというインフラ整備も必要だが、走行距離に左右されにくい燃料電池車はバス選択の幅を広げることになるだろう。

【画像ギャラリー】VDLの燃料電池モジュールを連結させるアイデア