西鉄バス北九州の都市高速道路経由一般路線バス!? 「170番」「175番」お腹いっぱいのバス旅を!!


西鉄バス北九州・門司営業所

 門司営業所はその地形から多層構造になっており、あたかも屋上駐車場があるように見えるが実は段々畑のような上の平地にスロープで移動するようになっている。

門司営業所構内

 田野浦での乗車は門司営業所の構内からで、三角形の1辺が道路沿いでここには田野浦が始終着以外のバスが停車し、門司営業所から出庫する田野浦始発のバスは構内側の辺のバス停から乗車する。待合室も自動販売機も裏側には喫煙所もあり、なかなか充実した停留所だ。

田野浦停留所は三角形の2辺を使った珍しい形状

 門司営業所構内には路線バスのほかに西工B高が数台止まっている。以前は門司-福岡の高速バスもあったのだが、現在では先述の福岡-下関線の一部を担当しているのでそれに使われるほか、PayPayドームやマリンメッセ福岡での大型イベントの際に、小倉経由の臨時直行高速バスとして使用される。

西工B高が並ぶ

復路は俊足経路の175番

 帰路は175番を利用したのだが、170番で乗ってきた同じ車両(門司営業所9900・日産デ西工スペースランナー)が来た。今度は山沿いを春日ランプを目指して走る。田野浦からの乗車はわずかで、山沿いの住宅街の乗客を丁寧に拾いながら走る。

門司営業所からの出庫でそのまま乗車する

 門司港レトロの観光地を通らず信号も渋滞も少ないので170番よりも若干早く都市高速に乗ることができる。春日ランプからは一路、富野ランプまで9.0キロメートルを快調に流す。

春日ランプから都市高速に流入する

 富野ランプからは一般道を通り、砂津に到着した。175番も多くはそのまま小倉の市街地を抜けて大手町まで行く。門司港地区から砂津まで175番であれば35分程度で到達できる(170番は41分ほど)俊足さは、ドアツードアの路線バスならではの芸当ではないだろうか。

門司営業所9900は砂津からさらに小倉市街地へと進む

 旅行が比較的自由になった暁には、新宿から砂津で170番に1回乗り換えれば門司港レトロまで行けるので、乗りバス行程に組み込んでみてはいかがだろうか。

【画像ギャラリー】西鉄バス北九州の都市高速路線バスで門司港往復乗りバスレポート