都営・京成タウンバス共同路線の謎!?「新小20」系統の終点には一体何が?


大幹線道路から急に狭隘路に入る!

 新小20は環七通りの側道を走っていると、道路がなくなり総武線にぶつかってしまう。高架の本線は総武線を超えていくが、バスは総武線沿いに左に曲がる。線路が見えたので間もなく新小岩駅なのかと思っていたら大間違いで、ここからが住宅地の狭隘路になる。

バス停は都営仕様もあれば京成仕様もあるし別に立っている停留所もある

 住宅地をウネウネと曲がりながら走り、行きどまっては曲がりを繰り返すとバスは葛飾区に入る。ようやく新小岩駅の南口バスターミナルが見えてきたと思ったら、バスはロータリーには入らずに総武線をアンダーパスする。

 線路を超えた新小岩駅北口に停車する。北口は路上バス停なので、そのままバスは発車して、蔵前橋通りを環七通り方向へ戻るように走る。

新小岩駅南口のロータリーには入らず総武線をアンダーパスする

東新小岩四丁目には何がある?

 運行系統図をご覧いただきたいのだが「東新小岩三丁目」から枝分かれして「タウンバス車庫」まで行く系統があるが、これは1日1本だけの京成タウンバスのみ。そして「東新小岩四丁目」まで行くのは都営バスのみ。残りの京成タウンバスは一つ手前の「東新小岩三丁目」止まりである。

新小20系統の系統図・新小岩側(都営バスサイトより)

 とりあえず都営バスに乗車しているので終点の東新小岩四丁目まで行ってみることにした。蔵前橋通りには降車停留所はなく、右折して細い道に入ったところに都営バスの操車場があり、そこが終点だ。

 この操車場は1本向こう側の道路まで貫通しており、蔵前橋通りにある始発の東新小岩四丁目バス停に折り返すときはバスをそのまま走らせれば蔵前橋通りに出られるようになっている。

東新小岩四丁目は都営バス専用の通り抜け方式操車場

次ページは : 東新小岩三丁目にはターンテーブルが!