となりのトトロのネコバスってバスマニア的にどう!? 真剣に考えてみた


 スタジオジブリの代表作「となりのトトロ」に登場するネコバス。フカフカのシートに超がつくほどのスピードが出るとあって、一度乗ってみたい!! と思ったことがことがある人も多いバス。でもネコバスは有識者にはどう映っているのだろうか。あえて超真面目にバスマニアがネコバスについて徹底批評する。一体どんな意見が出てくるのか?

文:バスマガジン編集部


ネコなのかバスなのか?

人間にとってもっとも親しみのある動物の一種であろこの猫を、ファンタジーとはいえバスに仕立て上げたセンスが素晴らしい。猫の能力を発揮したバスの大活躍は、鮮やかなものだった

 1988年にロードショー公開されたジブリ作品、[となりのトトロ]。毎年のように夏になると日本テレビで放送される、“夏休み映画”だ。そもそもタイトルになっているトトロという存在も不可思議で、アニメの世界ではさらっと許される、ステキな特異キャラのひとりだ。

 トトロには小型の種類のものも登場し、ほかにもススワタリなどファンタジーなキャラクターが活躍しているが、その中で特に強烈な個性を放っているのがネコバスだ。バスマガジン的には、彼(彼女)が“バス”と名乗っている以上、見逃すわけにはいかない。 そもそもネコなのかバスなのか、という観点で考えるとネコっぽいバス、というよりバスっぽいネコという印象だか、いかがだろうか。

 そもそも10本足(諸説あり)のネコという段階でネコか?という話だが、この作品の世界観ではアリということでないと、ほかの特異キャラが全否定となってしまうので、スルーせざるを得ない。ここはやはり「バスっぽいネコ」と理解したい。

バスとすれば?

 どこがバスっぽいかというと、まずは草壁サツキとメイの姉妹が雨の中、父・草壁タツオを迎えに来るのが、主人公一家の最寄りであると思われる[稲荷前]バス停。ここに停車し、ドアが開き(というか広がり)、トトロを乗せて発車する。これは完全にバスだ。

 なお、車内はコの字方のロングシート、頭の部分があるのでボンネットバス形状の印象で、ドアは劇中で開いたのは前方1枚のみのため、1扉車と思われるが、折戸でもスライドでもなく、ましてやスイング式でもない、ビローンと伸び広がって開閉するタイプ。まるで生き物のような仕組みだ。

鉄道会社系バス事業者か?

1991年にデビューした日産バネットセレナは、その外観からオーナーやふぁんに親しみを込めて「ネコバス」と呼ばれていた

 さらに、サツキが1人で乗車した際に着座すると、シートはかなりの“フワフワ感”が表現されている。モケットやレザーではなく豪華な毛皮仕様だ。一方、姉妹が迎えに来た草壁タツオは「東電鉄バス」という事業者のボンネットバスでバス停に降りる。方向幕は[七国山]、車番は[東-74]。完全に一般の路線バスだ。しかも鉄道系事業者なので大手といえるだろう。

 このバス用に設定されたバス停に件のネコバスが停車し、トトロという乗客の客扱いをするということは、東電鉄バスとネコバスが共同運行しているという会社でないと、ネコバスが違法運行ということになってしまう。

事業形態は貸切か特定か?

 ただしネコバスが特定輸送や貸切運行の場合であれば、バス停を“目印”にしてトトロと“待ち合わせ”をして乗車させた、という解釈もできる。ネコバスには料金収受設定が無いようなので、バス停に停車し、客扱いをしたものの“一般路線”のような“乗合”ではないようだ。

 ということで、特定か貸切としてもバスはバス。さらに草壁メイが仮退院できなくなってしまった母・草壁靖子の元へ、トウモロコシを抱えて向かうつもりが迷子になってしまい、サツキがトトロに助けを求め、トトロがネコバスを呼ぶあたり、貸切かデマンド輸送であるとも推察できる。

次ページは : 幕が用意されるほどお得意様か?

最新号

ベストカー最新号

【7月27日発売】バスマガジン114号!!  徳島バスグループ特集やバス免許取得の新制度レポートほか 充実の楽しいバス情報が満載だ!!

バスマガジン Vol.114は7月27日発売。巻頭では徳島バスグループを特集。徳島県全域で乗り合いバスと貸切バスを運行しているほか、エアポートライナー、四国3県、中国、関西、東京方面への高速バス運行と、徳島県内ばかりでなく、遠距離とのアクセスにも必須の存在だ。